CONTACT

かかりつけ大工 住まいの相談所

協力 東海ラジオ supported by かかりつけ大工

(質問受付日: 2021/08/05)

雨漏り

いつも聴いてます。山田社長は熱い方ですね。うちは築60年くらいなので雨漏り、その都度主人が屋根に登って瓦の隙間にモルタル?を塗ってます。モルタルを塗るのは雨漏り防止の効果はありますか?

(質問回答日: 2021/08/09)

瓦の補修について

なんでも探偵団さん

いつも住まいの相談所を聴いて頂きありがとうございます。

ご質問頂いた瓦の補修にモルタル?を使用する事についてですが、

一時的にしてもあまり望ましいとは言えないです。

 

モルタルは乾燥の過程で収縮する素材であり、また乾燥してからも水の粒子の方が細かい事もあって水を通してしまいます。

一時的に防水効果が望めても長くは続かないと思われ、

簡易的に蓋をしている事で中の傷口は広がり続けている可能性があると思われます。

 

築60年の瓦葺という事から土葺と思われます。

ご質問の内容から推察できる劣化現象として、

① 瓦下の土が長年の水の侵入で厚みが不均一になっている。

② 瓦の位置がずれて並びが乱れている

③ 瓦の隙間が生じて雨漏りが発生している

 

上記の様な現象が起きてその都度補修をされているのだと思います。

瓦屋さんも以前は町に沢山いてちょっとした不具合から対応してもらっていたと思います。

近年では瓦屋さんの数が減った事で長い事放置していたというご相談が多く寄せられます。

 

瓦の不具合も長く放置する事で大事になりやすく、

私としては定期的に点検を行う事をお勧めしたいのが本音です。

 

土葺の様な昔ながらの瓦葺工法は土を湿らせて使う湿式工法と言われる施工方法です。

近年では土を使わない乾式工法が主になっています。

土葺は雨水が漏れて瓦下に侵入しても直ぐに雨漏りとして宅内に漏れ出さない優れた工法です。

また、断熱性能にも優れており、雨音を遮断する防音性能にも優れています。

しかしながら、定期点検が必須な工法と言えます。

 

瓦の割れやずれにより水が漏れて瓦の下の土に水が回ると適度な量は土の粘質を上げて瓦の固着の役に立ちますが、

柔らかくなりすぎる事で土が流れ、土が不均一になり、瓦のずれや浮きを誘発させます。

長く雨漏りが続くと土の下の野地板が腐り、屋根が沈み始めて屋根が波付いてきます。

 

定期点検と補修を繰り返すことで本来はここまで屋根の劣化が進行する事を防ぐことが望ましいと思います。

理由としては、葺き替えなど大規模な工事に進行すると大変な為です。

近年では土の撤去費用や瓦の産廃費用が値上がりしており、

軽微なうちに修繕を適度に行う方が土葺の場合はランニングコストが安くなると私は考えています。

 

また、心配な点としては

・ 瓦の浮き上がりから台風時に瓦が飛ばされる

・ 近年の豪雨に伴って雨漏りが酷くなる

 

現在の不具合の程度の問題もありますが、長く専門家に見せていない様なら

一度地元の工務店や瓦業者に点検を依頼されてはいかがでしょうか?

弊社が対応可能な地域なら拝見出来れば点検いたします。

調査やお見積もりは無料でやっています。

不安を払拭するお手伝いができればと思います。

 

もう一点、災害時の瓦屋根についてですが、

地震時には瓦が土ごと滑り落ちていく様子をニュースなどで見たことがあるかもしれません。

この現象は昔ながらの知恵と言えます。

瓦と土で出来た屋根はとても重く、その自重によって地震時に建物に対して大きな負担が生じます。

大きな地震が発生した時にこの屋根瓦を落とす事で建物の倒壊を防ぐ意味でも落ちる事は正しいと言えます。

しかしながら、落ちた瓦によって逃げ場を失ったり、

落ちてくる瓦の下敷きになる等の二次災害が問題です。

 

ご質問者さんの自宅を永く利用していく事を考えておられるなら屋根の吹き替えは建物の延命にとても有効な手段と言えます。

耐震改修としての補助金制度等もあり、検討されるのはどうでしょうか?

こういう改修をされないにしても建物の防災性の認識をしておく事は、災害に遭った時に重要な判断材料となります。

私達住宅技術者はそういった意味でも住まい手に情報を提供する事も仕事の一つだと考えております。

ご相談等、私でお話聞けることが有りましたら、弊社にご連絡頂ければと思います。

 


 

【 かかりつけ大工Room Tour 公開中 】

新築注文住宅

マンションリノベーション
戸建てリノベーション
古民家再生

 

住まい手のこだわりの住まいを
Room Tour動画にして公開しました。

 

Room Tour動画こちらのリンクから

近藤邸OP_Moment

OP画像

 


  

東海ラジオで放送中の『タクマ・神野のどーゆーふー』内にて

かかりつけ大工のコーナー『住まいの相談所Q&A』は2021年12月放送分をもって終了いたしました。

今後も「住まいの相談所HP」は残しながら皆様の住まいの質問・ご相談を受け付けております。

是非ご利用ください。

ホームページ ラジオ出演のお知らせ

 

タクマ・神野のどーゆーふーホームページはこちら

かかりつけ大工住まいの相談所ホームページはこちら

 


 

LINE公式アカウントを開設いたしました!

こちらからもご予約可能です。是非ご活用ください。
お友達登録してよろしくお願いします!
 

友達追加

☝ここをクリック

 


 

「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク 

 

PAGE TOP