お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

最新情報

友建の最新の営業情報・PR情報を掲載します。
CATEGORY
NEW
完成建物オンライン見学会公開中!
ONLINE OPEN HOUSE!かかりつけ大工が手掛けた注文住宅を動画でご紹 ...
詳しく見る
戸建て住宅コラム
CATEGORY > 最新情報
2021.01.22
新築にもリフォームにもお得な「グリーン住宅ポイント制度」について
制度の概要

国土交通省から新しい住宅ポイント制度が発表されています。

(12月15日閣議決定・令和2年第三次補正予算)

 

「 グリーン住宅ポイント制度とは 」

 

グリーン社会の実現および地域における民需主導の好循環の実現等に資する住宅投資の喚起を通じて、新型コロナウイルス感染症の影響により落ち込んだ経済の回復を図るため、一定の性能を有する住宅を取得する者等に対して、「新たな日常」及び「防災」に対応した追加工事や様々な商品と交換できるポイントを発行する制度です。

 

 

・ グリーン住宅ポイント制度の概要

 令和2年12月15日の閣議決定された制度で概要は以下のリンクよりご覧下さい。

グリーン住宅ポイント制度の概要(国土交通省)

・ 対象工事

① 令和2年12月15日から令和3年10月31日までに契約を締結

② 一定の省エネ性能を有する住宅の新築(持家・賃貸)

③ 一定のリフォーム

④ 一定条件の既存住宅の購入

 

①~④の概要については先述リンク先「グリーン住宅ポイント制度概要」をご覧ください。

 

・ 取得できるポイント数

 

● 1ポイント1円相当

● 一定の性能を有する新築住宅で40万ポイント

● 上記の新築住宅で更に特例適用で最大100万ポイント

● 既存住宅購入で条件に合えば30万ポイント

● 上記既存住宅購入で住宅の除却を伴う場合は+15万ポイント

● トップランナー基準の賃貸で40㎡以上の住宅は1戸あたり10万ポイント

● 一定のリフォームで最大30万ポイント

● 上記のリフォームで特例適用の場合最大45万ポイント

 

これらの適用には細かな条件があります。詳しくは工務店などに聞いて下さい。

 

 

・ 制度の資料

● 国土交通省説明用スライド

● (全体版)グリーン住宅ポイントについて – YouTube

全部の動画を視聴するのは大変です。

以下に 対象の要件と発行ポイント、交換商品等の部分を分割して動画もりんくしておきます。

● (分割版)1 制度の目的・概要/2 対象住宅の要件等 – YouTube

● (分割版)3 発行ポイント数/4 ポイントの交換商品等 – YouTube

 

 

詳しく見る
CATEGORY > 最新情報
2020.06.13
木造住宅の耐震性能についての疑問
強度ランク一覧

木造住宅を造っていてお客様からのよくある疑問で、

「耐震等級っていくつなら安全なのか?」という質問をよく受けます。

 

弊社では熊本の地震が発生するまでは耐震等級2等級(構造計算有り)以上を推奨していました。

技術の進歩も目まぐるしく、比較的安価で制震の導入が可能となってきたこともあり、

現在では耐震等級3(構造計算有り)を推奨しており更に制震を追加してお勧めしています。

 

では、耐震等級2等級(構造計算有り)?ってどういう事?

と、疑問を投げかけられます。

今日は耐震等級の疑問について説明していきたいと思います。

 

● 構造計算有りってみんな計算してるんじゃないの?

 

2階建て木造住宅の多くは実はまともな計算が為されていない事が多い事から説明したいと思います。

2階建て木造住宅の場合は法律上は四号建築物と言われ、

建築確認申請の際に壁量図等の構造に関わる図面の提出義務がありません。

すなわちは「申請時に確認されていない」という事です。

しかしながら最低限の基準に適合する必要は有るため、

設計士は1枚から2枚程度の図面に壁量計算図を記載し設計します。

この図面が構造を計算するすべてとなります。

もし間違いなどがあっても建築士の技量に任せられています。

この計算の仕方を「仕様規定による計算」といいます。

 

● その他の計算方法とは?

 

耐震等級2等級や3等級の木造住宅を計算するには「仕様規定による計算」では行う事が出来ません。

2等級以上の設計を行うには

 

● 品確法による性能表示計算(長期優良住宅等)

● 構造計算(許容応力度計算)

 

の2種があります。この計算方法にも違いがあり、

性能表示計算より許容応力度による構造計算の方がより細部まで計算を行っています。

 

違いをまとめた表が下記となります。

耐震等級の計算方法一覧

 

許容応力度計算では柱の1本・梁の1本・基礎に至るまですべての部材にかかる力を計算していきます。

一方、性能表示計算はスパン表等を用いて計算を省略しています。

 

● 異なる計算方法による強度ランクの違い

下記の表は計算方法別の結果をまとめたもので、強度ランクの違いを表したものです。

 

強度ランク一覧

 

かかりつけ大工の友建では長く快適に、「地震災害後も安心して住み続けられる住まい」をと思っています。

それを考えると上記の構造計算有り(許容応力度計算)の耐震等級3等級を推奨しており、

更には制震を組み込んでの無被害住宅を目指しています。

(耐震3等級+制震のお話はまた後日のコラムでお伝えします。)

次回のコラムでは「熊本地震で見る安全な耐震性能とは」を書きたいと思います。

 


 

住まいの相談所 HP用画像

 

質問や相談を投稿頂くと、「かかりつけ大工住まいの相談所HP」でご返答致します。
投稿の内容は一部コーナー放送時に紹介させて頂く事があります。
予めご了承ください。
 
東海ラジオ放送「タクマ・神野のどーゆーふー公式HP」のバナー
 
下記アドレスからも投稿できます。

 

☆かかりつけ大工公式LINEアカウントが開設されました!

『住まいの相談所Q&A』ご質問フォームはLINE公式アカウントからでもご利用いただけます。

皆様の友達追加を心よりお待ちしております!

友達追加

ここをクリック

 


「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク

トップページ | News & ブログ

新築注文住宅事例

リフォーム事例

古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

Facebook | Instagram | YouTube

詳しく見る
CATEGORY > 戸建て住宅コラム
2019.03.04
断熱と気密のお話し③:「かかりつけ大工」住まいの相談

こんにちは。

「かかりつけ大工」の友建です。

 

前回までの断熱と気密のお話し②までで基本を話してきました。

今回のコラムでは断熱工事・気密工事が適切に行われている場合の、

お家全体の空気の流れを図にしてみました。

 

まずは、高気密・高断熱と呼ばれる家の断面は下記の様になります。

気密性の低い家の断面

 

かなり細かくなってしまいましたが、ここでお話しする事として、

断熱工事や気密工事は家の省エネ性能を引き上げる重要な工事です。

しかしながら、「家の中を全く換気しない」とする事はできません。

 

なぜなら、人も呼吸をし、宅内で生活するという事は悪い空気も生み出すからです。

また、建築する材料から発生する化学物質やホルムアルデヒド等は、

自然界でも発生するものである事から、

建築基準法で最低限換気する事が定められているからです。

気密工事の結果が完全に密閉された空間だとすると、

換気するだけだったら空気が無くなってしまいますよね。

高気密の家だと換気と同様に吸気も検討する必要があります。

この換気と吸気のお話はまた後日詳しくお話ししたいと思います。

 

今回は断熱と気密のお話の続きとして、

気密と断熱の工事が不十分な場合におきる。

「換気以外の空気の流れによる」住環境への影響を話していこうと思います。

 

このコラムの始めに載せた建物で、

断熱と気密に欠陥が生じている様子を表した図が下記になります。

低気密の家の断面

この図で赤い→となっている部分が気密の欠陥部分。

上記の図との違いで判る断熱部分の欠損部分が断熱の欠陥部分となります。

気密がきちんとなされないと、家は隙間風だらけになります。

 

「底冷えがする」っと話をされることが多いと思います。

暖かい空気は軽くなり、上に上がる為、

部屋内の天井に近い方が暖かく、床に近い方が冷たくなります。

高気密・高断熱の家だとこの差が無くなっていき、

部屋全体が暖かく感じられます。

 

しかしながら、隙間風の多い家だと、

上部に上がった暖かい空気が隙間を通って二階や外気へ流れ出てしまい、

その空気の流れは床下から冷たい空気を呼び込みます。

これが「底冷え」の正体です。

 

もう一つ室内で過ごしていて体感温度を下げるのが、壁や床・天井の冷えです。

断熱を施しても、その中を隙間風が吹き抜けてしまう事で冷えてしまいます。

 

一つ例を挙げます。

部屋の温度を20℃とします。

この時の壁の表面温度が12℃だとしたとき、

人が感じる体感温度は、

 

体感温度 = (表面温度+室温)/ 2 

 

で求めることができます。

 

つまり、

体感温度 = (12℃ + 20℃)/ 2 = 16℃

となります。

 

室温20℃なら快適な温度ですが、窓の近くに寄ると「冷や!」って感じますよね。

これが体感温度による冷えです。

 

隙間風というものが、快適な住環境に及ぼす影響は、

これまでに記載した内容でほぼ理解が出来ると思います。

断熱の欠損も体感温度を引き下げる要因になります。

断熱と気密についてのお話の補足は後日行いたいと思います。

 

次回からは、「内部結露」についてお話したいと思います。

上記図に記載している。

建物の床下や外壁の内側、天井や小屋裏等の空気の流れにも関係します。

この空気の流れは建物内部の換気と同様に、設計時に意図して設けるものです。

 

この設計は、内部の断熱・気密とセットにして考える必要があり、

建物の耐久性に対して非常に重要な役割を担っています。

是非次回もご覧ください。


住まいの相談所 HP用画像

 

質問や相談を投稿頂くと、「かかりつけ大工住まいの相談所HP」でご返答致します。
投稿の内容は一部コーナー放送時に紹介させて頂く事があります。
予めご了承ください。
 
東海ラジオ放送「タクマ・神野のどーゆーふー公式HP」のバナー
 
下記アドレスからも投稿できます。

☆かかりつけ大工公式LINEアカウントが開設されました!

『住まいの相談所Q&A』ご質問フォームはLINE公式アカウントからでもご利用いただけます。

皆様の友達追加を心よりお待ちしております!

友達追加

ここをクリック


「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク

トップページ | News & ブログ

新築注文住宅事例

リフォーム事例

古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

Facebook | Instagram | YouTube

詳しく見る
1 / 41234
NEW
完成建物オンライン見学会公開中!
ONLINE OPEN HOUSE!かかりつけ大工が手掛けた注文住宅を動画でご紹 ...
詳しく見る
このページの先頭へ