YUKEN HOME

NEWS & INFOMATION 最新情報

リフォームに関するご質問を受付中。随時お答えしていきます。


※ このページではリフォームの場合を紹介しております。

 

2020年の住宅リフォーム・増改築・改修時の補助金・減税・優遇制度について下記にまとめました。

 


「高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業」

(高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業:断熱リノベ)

 

 ● 補助対象者と補助額

  戸建て住宅の場合 : 個人の住宅で所有者・または所有予定者

             補助上限額120万円/戸(窓のみは40万円/戸)

  集合住宅の場合

     個別改修  : 個人の住宅で所有者または所有予定者

     全戸改修  : 管理組合の代表者

             補助額上限15万円/戸

 

 ● 補助対象工事

  断熱改修工事   : 高性能建材を使用した断熱材・ガラス・窓の改修

  (窓のみの改修も可能)

  高性能設備    : 家庭用蓄電システム・家庭用蓄熱設備の導入

  (戸建住宅のみ対象)

 

 ● 本事業のホームページ・パンフレット情報は下記リンクをご覧ください。

 

断熱リノベ

 


「次世代省エネ建材支援事業」


 ● 補助対象者と補助額

  戸建て住宅の場合 : 個人の住宅で所有者・または所有予定者

             補助上限額200万円/戸

  集合住宅の場合  : 個人の住宅で所有者または所有予定者

             賃貸住宅の所有者(個人でも法人でも可能)

             補助額上限125万円/戸

 ● 補助対象工事

  断熱改修工事   : 断熱パネル・潜熱蓄熱建材

     (いずれかの次世代建材を使用した改修)

 ※ 上記と併せて行う窓・断熱材・玄関ドア・調湿建材の改修も可能

 

● 本事業のホームページ・パンフレット情報は下記リンクをご覧ください。

 

次世代省エネ建材支援事業

 


「長期優良住宅化リフォーム推進事業」


 ● 補助事業の目的

 良質な住宅ストックの形成や、子育てしやすい生活環境の整備などを図るため、既存住宅の長寿命化や省エネ化等に資する性能向上リフォームや子育て世帯向け改修に対する支援を行う。

 ● 補助事業の要件

 ①リフォーム工事前にインスペクションを行うとともに、維持保全計画及びリフォーム履歴を作成する。

 ②リフォーム工事後に次の性能基準を満たすこと。

  <必須項目> ・ 劣化対策

         ・ 耐震性(新耐震基準適合等)

         ・ 省エネルギー性

  <任意項目> ・ 維持管理・更新の容易性

         ・ 高齢者対策(共同住宅)

         ・ 可変性(共同住宅)

 ③上記②の性能項目のいずれかについて下記の工事を行うこと。

         ・ 性能向上に資するリフォーム工事

         ・ 三世代同居対応改修工事

         ・ 子育て世帯向け改修工事

 

長期優良住宅リフォーム推進事業イメージ2

国土交通省住宅生産局住宅生産課 制度概要より抜粋

 

● 事業タイプとリフォーム後の性能と補助額

  <認定基準と評価基準>

長期優良住宅リフォーム推進事業リフォーム後の性能 長期優良住宅リフォーム推進事業補助額

国土交通省住宅生産局住宅生産課 制度概要より抜粋

 

 ※ 認定基準と補助額については複雑な制度により成り立っています。詳しくは下記のリンクから制度の概要をご覧頂くか、ご相談下さい。

 

長期優良住宅リフォーム推進事業説明資料

 

 


各種リフォームにおける減税制度は下記よりご覧ください。]

① 耐震 ② バリアフリー ③ 省エネ ④ 同居対応 ⑤ 長期優良住宅化 ⑥ 増改築等


リフォーム推進協議会のHPから住宅リフォームの税制手引きを閲覧できます。

リフォーム推進協議会HP/リフォーム減税制度について


 

「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク

 

トップページ | News & ブログ 

新築注文住宅事例

リフォーム事例

古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ 

朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

戻る
このページの先頭へ