新築マイホーム

2016年1月14日

大治町 T様邸 内観

木曽川流域材を用いた長期優良住宅 新築物件

ご依頼内容

カバの無垢フローリングを使用したいとのご要望でした。お子さんが小さい事から、今は子供部屋も仕切りを設けずに後々仕切りたいとのご要望と、庭とリビング、玄関のアプローチを繋げたいとの事からこの様な設計になりました。
 
 
 
 
≪オープンテラスが内と外をつなげる家≫
【本体価格】
2160万円
【性能】
長期優良認定住宅
耐震等級 2
構造計算あり

施工のポイント

リビングから庭全体が見渡す事ができ、玄関のオープンテラスからリビングへのアプローチも簡単に出来るため、濡縁には裸足でも気持ちの良い宮崎県は飫肥の杉を利用しました。濡縁と玄関へのアプローチ部分は外壁と天井に飫肥杉を用いて統一しました。
暑い時期の施工でしたが正午には日陰になる濡縁は、風当たりも最高な絶好のお昼寝スポットです。
室内はカバの無垢フローリングに、自然塗料のBONAを塗りました。裸足も気持ちよく、長期優良による断熱性能で非常に過ごし易い空間になりました。
収納は一階に玄関クロークと、2階には納戸があり、物の収納に困らない設計です。

このページの先頭へ