リノベーション

2016年1月14日

築120年を超える古民家再生工事(名古屋市昭和区 外部 )

古民家再生工事

Before

After

ご依頼内容

築120年以上の物件だった為、ほとんどが木製サッシでした。内部を出来るだけ、夏涼しく、冬暖かい仕様にしたいとのご要望でした。
施工前は外部の外壁が土壁が見えている箇所もあり、長い間手付かずの状況でしたが、昔の材料であったため腐れもほとんどなく、構造的には良い造りでした。

施工のポイント

外部に断熱材の入った金属製サイディングを張り、木製サッシをペアガラスのアルミサッシに作り替えました。内部の断熱工事、隙間風対策が効果的で、内部の環境は激変しました。詳しくは内部の施工事例をご覧ください。

このページの先頭へ