新築マイホーム

2016年4月30日

新築 昭和区U様邸 収納棚

昭和区U様邸新築工事 収納棚

ご依頼内容

 お客様自身、ご夫婦共に色々な趣味お持ちで、収納をたくさん必要としていました。
特に、
・階段下の無駄なスペースを生かしたい。
・奥様手作りの食器や小物が多いので、収納が多い食器棚がほしい。
・玄関先に写真なども飾れるような収納がいい。
・靴のサイズがバラバラなので、サイズに合わせて棚の高さを変えられるようにしたい。
・木が中心の家なので、雰囲気を壊さなようにしたい。
・ご主人趣味の熱帯魚を飼う水槽の置く場所を確保したい。
などのご依頼を受け、使用用途に合わせた棚を施工しました。

施工のポイント

 「階段下の無駄なスペースを生かしたい」
階段下のスペースには、既存のテレビが入る高さで収納棚を設けることで無駄なスペースを無くしました。

 「奥様手作りの食器や小物が多いので、収納が多い食器棚がほしい。」
 収納以上部屋未満のスペースにするために、両側に天井いっぱいまで収納棚を設けたスペースを造りました。
大・中・小の幅を作ることで、置くものに制限がないような棚を施工しました。

 「玄関先に写真なども飾れるような収納がいい」
下駄箱に設けた収納棚には、傘入れや写真スペースなどを設け、靴箱以外の利用価値のある靴箱を造りました。
傘立てを外に見せず、棚の中に作ることですっきりとしたイメージを作り出すとともに、木のぬくもりを損なわない工夫をしています。

 「靴のサイズがバラバラなので、サイズに合わせて棚の高さを変えられるようにしたい」
可動棚を設けることによって、ブーツなど背の高い靴だとしても難なく入れられるようにしました。

このように、友建ではお客様の使用目的や用途に合わせて棚を施工していくので、無駄なスペースを利用することが出来ます。

このページの先頭へ