お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
ALL
2018.06.27
天白区改修工事  ライフスタイルの変化に伴った工事

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

ライフスタイルの変化に伴った工事。

 

今回は、吹き抜け部分を塞ぎ、1階と2階を分けて欲しい。

こういったご依頼でした。

 

生活スタイルが変化していく中で間取りを変えるだけでなく、このような吹き抜け空間を塞ぎ新たに床を造ることにより、吹き抜け空間を有効に使用できます。

 

IMG_3326

 

吹き抜け空間を塞ぐため、ピン工法で梁を組んでいきます。

 

後付け梁金物を先に取り付け、梁を落とし込んでいきます。

 

この時に金物の欠きが大き過ぎてしまうと、その金物に対する耐力の低下などに繋がり、梁の強度が落ちてしまいます。

 

IMG_1081

 

梁を施工後、天井下地組みを行います。

 

上階の振動を極力下の階に伝えないよう、防振吊り金物を施工します。

 

この金物は、梁から伝わってくる振動をそのまま下地材に伝えるのではなく、振動を緩和することで上の階ででた足音などを下の階に伝えにくくしています。

 

念には念を。

 

IMG_1086

 

一階と二階の空間を塞いだだけなので、天井部分は室内空間となります。

その為、断熱材を施工する必要がありません。

 

なぜ施工しているのかというと、断熱性能は勿論ながら吸音性能もあるため天井に施工し、音を伝えにくくします。

 

IMG_1184

 

最後に天井にプラスターボードを張り、吹き抜け部分の塞ぎは完了です。

 

その他物件のブログもアップしていくので、ご覧いただけると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

 

詳しく見る
2018.06.25
北名古屋市改修工事  断熱材施工

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

少しの施工不良が命取り。

断熱材は、住宅を長期的に維持してくためにも大切な工事となります。

 

勿論、どの作業においても施工不良はあってはならないことです。

 

IMG_0673 - コピー

 

その中でも断熱工事というのは、完成してしまえば目にすることはできません。

尚且つどこで断熱欠損が起きているかは、後々に何かしらの問題が発生した時に気がつくことが多いです。

最近ではお客様自ら第三者機関に依頼され、サーモグラフィー等で検査することもあると耳にします。

 

IMG_0670 - コピー

 

本来であれば、我々造り手がきちんとした施工方法で間違いなく施工するのが基本です。

 

残念なことながら、その品質に到達できていない造り手もいることは確かなことかもしれません。

 

しかし、友建では自社で大工を育成し、施工の意味・方法などをきちんと教育することで品質が保たれる住宅を提供しております。

品質を守る為にも育成だけでなく、独自の管理体制の元、見落としや施工不良等がない住宅を提供しております。

 

IMG_0671 - コピー

 

友建は、住宅を完成させたら工事完了。

そんなことはあり得ません。

 

言えば、完了してから工事開始。

このようにも捉えれます。

 

それは建てて終わるのではなく、その後様々な形でメンテナンスを掛け生涯その家をお守りする。

このように考えます。

 

この生涯と言えるのも、毎年新入社員が入職しております。

その人財が、引き継いでその住宅を守り続ける。

 

このようにしてお客様の住宅を守り続けます。

 

IMG_0675 - コピー

 

今回このように、先行で柱を立てていくのではなく天井を施工しているのにも意味があります。

それは、お客様のライフスタイルの変化に伴って間取りを変えれる。

天井先行組みよって、断熱・気密性がきちんと確保される。

 

お客様に合った。

それは、住宅を造るにあたりとても大事なこと。

その為、お客様と何度も打ち合わせを重ねお客様が求める住宅を提供しております。

 

随時ブログをアップしていきますので、ご覧いただけると幸いです。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.06.22
天白区改修工事 天井はEP塗装 壁はクロス貼り

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

天白区の現場では、

 

IMG_1066

 

造作工事も進み、

 

IMG_1069

 

内装工事を行っております。

 

今回施工する箇所では、

 

IMG_1065

 

天井はEP塗装。

 

IMG_1069

 

壁はクロスを貼ります。

 

きちんとパテ工事(PBのジョイント部分やビス穴の凹凸を平らにする工事)を行ってからクロスを貼っていきます。

 

この工事を怠ると、クロスがすぐに割れたりするためきちんと施工します。

 

IMG_3355

 

クロスは、光の当たり方などでクロスの浮きなどが確認できる為、様々な角度で確認し工事完了となります。

 

上の階では、友建の大工さんが頑張って施工しております。

 

その様子につきましては、後日ブログにて紹介致しますので、ご覧いただけると幸いです。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.06.21
瑞穂区注文住宅新築  PB張り

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

瑞穂区の現場での、PB(プラスターボード)張りについてご紹介したいと思います。

 

断熱工事も終わり、

 

IMG_0049 - コピー

 

PB張りを行います。

 

友建では、PBのジョイント部分に木工用ボンドを塗布して施工を行っております。

 

IMG_9951 - コピー

 

天井や、

 

IMG_9978 - コピー

 

壁のPBのジョイントには必ず木工用ボンドを施工します。

 

なぜボンドを塗布するの?

そんな疑問を持たれる方もいらっしゃると思います。

本日は、その疑問に対してお答えしたいと思います。

 

理由は簡単で、

地震など様々な要因で、住宅は振動しますよね。

普段生活している中でも、常に家全体に振動が伝わっています。

 

この振動によってクロスに割れが生じた。

こんな経験をされている方もいらっしゃるかと思います。

 

この現象は、振動によってクロスの下地材でもあるPBのジョイント部分が離れてしまい、クロスが割れてしまうのです。

そのため友建では、PBのジョイント部分にボンドを施工し、クロスの痛みを軽減させています。

 

IMG_0057 - コピー

 

お客様に一日でも長く快適な状態で暮らしていただきたい。

この思いも含めて住宅造りを行っておりますので、このひと手間を惜しむことなく施工し、性能の品質だけでない品質もきちんと確保した上で住宅を提供させて頂いております。

 

その他物件のブログもアップしていくので、ご覧いただけると幸いです。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.06.20
北名古屋市改修工事  下地施工

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

天井下地組み完了後、

 

IMG_0677 - コピー

 

外壁面の下地を施工していきます。

 

この時に、

 

IMG_0546 - コピー

 

H鋼周りをスタイロ断熱できちんと覆います。

 

IMG_0545 - コピー

 

前回ブログに記載したように、鉄骨周りは結露が起こりやすいため先に断熱材を施工し、その後に下地を施工します。

 

今回は全て解体してからの施工のため、どの箇所で結露が起きているかきちんと確認し、劣化が起きにくいように施工します。

 

施工の意味を捉え、これ以上の劣化を防ぎます。

 

IMG_4283

 

下地と並行し壁の断熱材を施工しています。

 

その様子につきましては、後日ブログにて紹介致しますので、ご覧いただけると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
NEW
10月27日(土)28日(日)東海テレビ開局60周年記念 ふるさとイッチー祭 出店のお知らせ
10月27日(土)28日(日)名古屋久屋大通公園【久屋広場・エンゼル広場・光の広 ...
詳しく見る
このページの先頭へ