お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
2018年05月
2018.05.24
北名古屋市改修工事 万協フロアー

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

北名古屋の現場では床組みを行っているため、その様子をご紹介したいと思います。

 

皆様がイメージする床組みは、

 

IMG_9580 - コピー

 

このように、土台と大引きで組んでいく工法をイメージする方が多いと思います。

 

しかし、今回は万強フロアーの二重床工法を採用しました。

 

この工法は主に、マンションなど階高が低くなる物件に採用される事が多いです。

 

今回の物件では、階高の問題はクリアされています。

 

しかし、床高さを全室フラット。高齢の方も住まわれる為、玄関先もあまり勾配を付けたくない。

このような話もされていた為、二重床工法を採用しました。

 

IMG_0523 - コピー

 

支持脚を立てながら床を施工します。

支持脚には、鋼製パイプボルトを使用しているため圧縮・引張力など様々な力に対して適応しています。

 

IMG_0533 - コピー

 

床パネルと一緒に施工するのは、スタイロ断熱材です。

床から上がってくる空気がそのまま部屋内に上がってくるのを防ぎます。

また、今回の物件では結露による劣化が多数見受けられたので、気密性を上げる為にもスタイロ断熱材を施工します。

 

友建では、一つ一つの物件ごとに最良な施工方法・使用材料などを考え施工の方を行います。

その家に合わせた施工で工事を進めることで、お客様の家を長く維持してもらう。

こうした考えのもと、住宅造りに励んでおります。

 

何かご相談がありましたら、お気軽にご相談下さい。

 

随時ブログをアップしていくので、拝見して頂けると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.05.22
瑞穂区注文住宅新築 大屋根施工の後は下屋施工

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

今回は、瑞穂区の現場で下屋施工を行った様子について紹介したいと思います。

 

IMG_9676 - コピー

 

建て方終了後、下屋を施工していきます。

 

下屋を施工する前に、構造用合板を張ります。

下屋を施工してから構造用合板を張ってしまうと、構造壁としての耐力が失われます。

何故かと言うと、構造用合板が躯体に留め付けがされてないため、耐力が失われてしまうのです。

 

構造用合板施工後、母屋を施工し

 

IMG_9685 - コピー

 

垂木を並べていきます。

 

前回のブログに記載した通り屋根には瓦を施工する為、垂木の間隔を303㎜以内とし

厚み30㎜・幅105㎜のベイマツを使用しました。

 

その後、

 

IMG_9687 - コピー

 

合板を敷き、

 

IMG_9698 - コピー

 

インシュレーションボード(吸音材)

 

IMG_9709 - コピー

 

アスファルトルーフィング(防水材)

を施工します。

 

この時に、破れ等ないか目視できちんと確認を行い

下屋の工事に関して完了となります。

 

その他工事に関してもブログにて紹介していきますので、拝見して頂けると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.05.21
北名古屋市改修工事 解体工事最終

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

先週に引き続き、解体作業を進めております。

 

今から二週間前。

 

IMG_0414 - コピー

 

そして現在。

 

IMG_0512 - コピー

 

長く感じた解体も終わり、ほっと一安心。

 

一休憩し、現場に材料を搬入。

 

明日から使用する、

 

IMG_0507 - コピー

 

床材を搬入。

 

今回の床組は、二重床工法で施工します。

詳細については、後日紹介させていただきたいと思います。

 

IMG_0515 - コピー

 

現場内綺麗に掃除をし、解体作業終了です。

 

床組を始める前に、

 

IMG_0517 - コピー

 

設備屋さんにも来てもらい、床下配管を施工してもらいました。

 

IMG_0521 - コピー

 

明日から床組がスタートします。

床組みの様子に関しては、後日ブログにて紹介させて頂くので、拝見して頂けると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.05.17
天白区改修工事  フロア捲り

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

天白区の現場では壁解体の後にフロアを捲り、工事を進めております。

 

今回フロアの張り替えを行う為、

 

IMG_0361 - コピー

 

既存のフロアを捲ります。

 

ボンドを綺麗に除去し、

 

IMG_0363 - コピー

 

掃除を行います。

入社当時、親方に掃除の仕方を教わったのを思い返します。

掃除の仕方によっては、作業効率が大幅に変わる。この意味が最近分かってきました。

 

掃除をしている途中。

お施主様が来て、フロアを張る予定を変えクッションフロアにして欲しい。

 

まだ変更が利くため、クッションフロアに変更。

 

工事を進めていく過程で工事内容が変更になることも多々あります。

 

自社大工が直接現場で管理を行っているため、こうした変更も可能です。

 

友建の家作りは、お客様に合わせた家作り。

ご相談に訪れるお客様には、家に合わせて生活している。そういったお客様もみえます。

 

その為、お客様との打ち合わせを密に取りお客様が望む家を提供しています。

 

この場所に棚が欲しい。

そういった工事も請け負っているので、何かご相談があればお気軽にご相談下さい。

 

その他物件のブログもアップしていくので、拝見して頂けると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.05.16
瑞穂区注文住宅新築 建て方

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

本日は、2月下旬に建て方を行った様子をご紹介していきます。

 

親方含め、自社大工数名が集結し建て方スタート。

 

柱は、120角の桧材を使用。梁や桁は、ベイマツの住宅構造用乾燥材『ドライ・ビーム』を使用。

 

IMG_9624 - コピー

 

ドライ・ビーム?

この乾燥材は、曲げ強度に強い・収縮による木材の狂いが少ない。

こうした点から、横架材として使用されています。

 

IMG_9634 - コピー

 

金物を固定しながら、どんどん組み上げていきます。

 

1階・2階・屋根へと高くなるにつれ、大工の声が飛び交っています。

高くなるにつれ危険度も増していくので、安全第一で作業します。

 

IMG_9649 - コピー

 

ラスト。屋根の塞ぎです。

初めに、合板を敷き

 

IMG_9664 - コピー

 

その上からインシュレーションボード(吸音材)を敷き

 

IMG_9708 - コピー

 

最後に、ゴムアスファルトルーフィング(防水材)を敷き建て方完了です。

 

今回は屋根に瓦を施工する為、垂木の間隔や材料の幅などを変え、重量に耐えれるようにしました。

 

瓦施工の様子につきましては後日ブログにて紹介致しますので、拝見して頂けると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
1 / 3123
NEW
友建 名古屋支店NEW OPEN!縁日イベントのお知らせ
   皆様と「縁」を結んで深める「日」  ...
詳しく見る
このページの先頭へ