お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
2016年04月
2016.04.30
ウッドデッキ施工(塗料・事例・お楽しみ方)

 

こんにちは!(#^^#)

 

今回のブログでは、これまでに友建で施工してきたウッドデッキの施工方法、塗装、お客様がどのように使っていただいているのか等を紹介させていただきます(#^^#)

 

_MG_1197

 

材木は、友建では飫肥杉(おびすぎ)を使用することが多いですが、お客様のご希望次第で様々な木材を使用することが出来ます。

この飫肥杉は昔舟底の板に用いていた材料なので非常に腐れには強いんです。

 

使用したい木材によっては、やはり使用用途での向き不向きがあるので、かかりつけ大工がアドバイスをさせていただくこともあります(>_<)

 

 

塗料は、きまった塗料しか使わないのではなく、色、用途に合わせ様々な自然塗料を使用しています。

 

IMG_8415

この画像は、羽目板の塗装の際に使用したタヤエクステエリアと呼ばれる自然塗料です。

 

ほかにもサドリンとよばれる27種類の色がある塗料や、あまり木目をつぶさずに色を付けることのできる塗料なども使っています。

 

 

お客様のなかに、ウッドデッキは腐りやすいのでは?と疑問を持たれるかたもいると思います。

 

しかし、ちゃんとした施工方法、施工の意味を持ってすればなんの問題もありません。

 

むしろ木のぬくもりあふれる良いウッドデッキを作ることが出来ます!(*^-^*)

IMG_7257  IMG_8309

 

ウッドデッキも、床下を換気するのと同じようにしっかりと換気ができるような作りにし、雨水があまり表面に残らないように少しだけ勾配をつけたり隙間を空けたりと、工夫をすればかなり長持ちのするウッドデッキが完成します(*^-^*)

 

 

お客様の中には、こんな風にウッドデッキで水遊びをして楽しんでいる方もみえます( *´艸`)

FB_IMG_1459375908928

とても楽しそうですね( *´艸`)

 

お客様にあわせたウッドデッキを施工することが出来るので、ハンモックをつけようか、バーベキューをしようかなど夢が広がるのではないでしょうか(^^♪

 

ウッドデッキだけでなく収納などもお客様にあわせた形、用途で施工することがで出来ますので、興味のある方は一度ご連絡をください。

DIYでお父さんとお母さんが、お子さんの為に裸足で遊べるウッドデッキを作ってあげるととても嬉しいと思いますよ。

どのように作ろうか、なにをして楽しもうかなど、かかりつけ大工と打ち合わせをしませんか?(*^▽^*)

 

 

ご連絡お待ちしております!

 

次回の更新もよろしくお願いします!

 

ちなみに、

友建では、5月の20日~22日の三日間ガレッジセールを行います!

ガレッジセールでは、ここでしか手に入らない古材や端材がもりだくさんです!DIYが趣味の方やDIYに興味がある方、どなたでもお待ちしておりますのでぜひぜひお越しください!(^^)/

ガレッジセールについては、Facebookページにて詳しく情報公開していきます。チェックしてみてください♪

ホームページでも詳細をアップしております。

ホームページはこちら

 

 

 

詳しく見る
2016.04.29
リノベーション工事 弥富市K様邸 フローリング施工

こんにちは!

 

今回のブログは、弥富市K様邸のフローリング施工についてです(^^)

 

解体を始めてから約4か月。

とうとう仕上げ作業に取り掛かりました!!

 

IMG_9042

 

この写真は、フローリングの施工中の写真です。

 

杉のフローリングを使用しています(#^^#)

 

下の写真は無垢フローリングの拡大写真です。

じっくり見てみてください。(◎_◎)

 

IMG_2089

少しだけ隙間をあけながら施工されていませんか?

 

 

実は無垢フローリングを施工する際はフローリングとフローリングの間を少しあけて施工しているのです。

 

 

すきま

※ここでしっかりと均等に隙間をあけることがポイント!

 

 

どうして隙間をあける必要があるのでしょうか?

 

木材というのは、種類や材料の繊維の関係で、湿気や気温の影響を受け伸縮します。(伸縮率に多少誤差はあります)

無垢材は特に湿気などでの伸縮が大きいため、伸縮した時の事を考え施工する必要があります。

 

 

もしこのフローリングをぴったり付けて施工した場合、どうなるでしょう??

 

部屋全体のフローリングが大きくなろうとしてしまったときに、隣同士が圧迫しあいますよね。

しかし横には大きくなろうとする力の逃げ場がありません。逃げ場のなくなった力はどうすることも出来ず上に逃げようとしてしまいます。

 

力

            ↓

そり

 

そうするとせっかくしっかり止めたフローリングが浮き、ミチミチッと音が鳴ったり、凸凹の原因となってしまいます。

 

そうならないように、あらかじめ力の逃げ場として少し隙間をあけて施工するのです。

もちろん横だけではなく縦方向にも木材は伸縮するので、縦方向にも隙間を開けます。

 

IMG_9041

 

天然の木材だからこその施工の工夫ですね(#^^#)

 

 

 

 

 

詳しく見る
2016.04.28
本社併設DIYルームで使える道具たち!

こんにちは!!

 

今回は友建事務所1階にあるDIYルームにてお客様に使っていただくことのできる道具について紹介させていただきます!(^^)!

 

友建のDIYルームでは、会員に登録(年会費500円)して頂くと、材料費のみで利用が可能になります。(要予約)

難しい加工は弊社大工が丁寧に指導する事も、加工費を頂く事で加工もする事が出来ます。

道具は自由にお使い頂く事が出来、消耗部品以外は貸し出しも行っております。

使い易い道具などを弊社で仕入れを行い販売する事も出来ますので、これからDIYを始めたい方も、試しに利用したい方も安心して利用して頂く事が出来ます。

 

造りたい物を前もって打ち合わせし、図面に起こしたり、見積もりしたりする事も出来ますので、気楽にご相談下さい。

大工道具は当たり前に有りますが、DIYルームにある道具たちを少し紹介したいと思います。

 

木工旋盤(モッコウセンバン)

旋盤4

 棒状の木材を加工する際に使用します。

 クビレや線を入れることが出来ます(#^^#)

 使い方は結構難しいです。

 

電動糸鋸盤(デンドウイトノコバン)

DSC_0411

板材をいろいろな形に加工することが出来ます(#^^#)

薄めの板ならかなり自由な加工が可能です。

 

 

留め切り(トメギリ)

DSC_0412

木材を切断する際に使用します。

30㎝ほどの幅までならこの機材で一発で切ることが出来ます(#^^#)

角度も自由に設定できるので、綺麗な留め付けが可能です。

 

 

電動ボール盤

DSC_0408

木材に穴をあける際に使用します。

ひもを通したい時やボルトを通したい時、下穴を設けたい時などに便利です(#^^#)

 

これ等以外に釘を打ち付ける釘打ち機やビスを締める電動ドライバー等々、

作業にあった道具を使用する事が出来ます。

 

今回は代表的なものを紹介させていただきました。

次回はもうすこしデザインに凝ったものを作りたいときになくてはならない道具を紹介させていただきます(^^)/

 

友建DIYルームではお客様個人でやるDIYではなかなか作りにくいデザインも、様々な道具を使い表現することが出来ます!

 

しかし固い木材を切ったりできるほど強力な機械のため、当然危険です。

そのため我々かかりつけ大工がサポートし、安全な使用方法をお教えします(*^-^*)

詳しくはこちら☆彡

 

IMG_2451

友建DIYルームを是非ご利用ください。(*^-^*)!

 


 

ここで皆さんにお知らせです!

友建では、5月の20日~22日の三日間ガレッジセールを行います!

ガレッジセールでは、ここでしか手に入らない古材や端材がもりだくさんです!DIYが趣味の方やDIYに興味がある方、どなたでもお待ちしておりますのでぜひぜひお越しください!(^^)/

ガレッジセールについては、Facebookページにて詳しく情報公開していきます。チェックしてみてください♪

後日ホームページでも詳細をアップいたします!

読んで頂きありがとうございました(^^)次回の更新もよろしくお願いします!

詳しく見る
2016.04.26
友建DIY 《中二階コレクション》

こんにちは(^^)

今回のブログテーマは「中二階コレクション」です!

 

中二階とは、『階と階の間に設けられた階』のこと。

上下の空間を有効活用することにより、

部屋を開放的に見せたり、子供の遊びスペースとして利用したり、収納スペースを増やしたり、空間の区切りとしたり・・・などなどたくさんのメリットがあります。

 

皆様も中二階のある家、ときくと誰もが憧れるような立派な家をイメージされるのではないでしょうか?

 

友建が今までに行った中二階の施工事例をご紹介したいと思います。

 

case.1 安心と機能性が詰まった中二階

 

IMG_1829_R

 

 

IMG_1862_R IMG_1852_R

 

IMG_1855_RIMG_1859_R

 

改装工事を行われたお宅です。もとは押し入れであった空間を利用し、リビングの一角にお子さんの遊び場となる中二階を設けました。この中二階の特徴は、充実した機能性。あらゆるところに収納スペースを設け、遊び場としてだけでなく収納としても大きな役割を担っています。また、手前の柵を起こすことでカウンターに早変わり。お子さんはいつも柵の間から足を出して、このカウンターでお絵かきしているそうです(^^)♪

中二階の隣には書斎スペースがあり、いつでもお子さんの気配を感じられるので親御さんも安心ですね。

 

case.2 子供とともに成長する中二階

 

FB_IMG_1459375929474_R

(After)

 

IMG_0585_R

(Before)

 

こちらも大幅リノベーション工事を行いました。社長宅であり、リノベーションのモデル住宅になった物件です。

もともとこの子供室は一般的ないわゆる’洋室’でしたが、子供の成長に合わせランドセルや教材を収納するスペースが欲しくなり、後付け即席で作られました。まさにDIYです(  ゜∀  ゜)!

一見ハードルが高そうに見えますが中二階も簡単にDIYでつくることが可能なんです。

部屋の開放感はそのままに、きれいに物が収納されますよね。DIYで作るものなので、今後も子供の成長に合わせてどんどん変えていくことができます。

 

case.3 開放感・遊び心抜群の中二階

 

_MG_1279_R 

 

 _MG_1285_R  _MG_1296_R  

 

_MG_1277_R

 

こちらは、今年完成しました新築物件です。
12.5帖もの子供室に設けられた大規模な中二階です。一般的に「中二階」と聞いてイメージするものに近いのではないでしょうか。収納の役割も持つ大きめの階段は上のロフトスペースへとつながっています。まるでアスレチックのようですね!

部屋一体となる中二階を設けたことで、とっても開放的な空間をつくりあげています。

こんな中二階があったら、お子さんも毎日ワクワクですよね( ´ ω ` ) ♪明るくて賑やかな柄の壁紙も相まって、唯一無二の子供部屋が完成しました。

この中二階も工事完了後に後付けで設けてあり、DIY感覚で作ることが可能です。

お子さんの成長と共に使用されなくなったら壊してしまって部屋にも戻せますし、材料は再利用が可能です。

こういったお手伝いも「かかりつけ大工」としてサポートしています。

 

 

いかがでしたか?一言に「中二階」といっても、さまざまな用途・形状のものがあります。

中にはDIYでつくれるものまで・・・、DIYの幅がどんどん広がりますよね。

友建はDIYに挑戦したいと考えている方にぴったりの支援を行っていますので、初心者の方でも気軽にDIYをはじめていただくことができます。「いつかは自分の部屋にオリジナルの中二階を・・・!」なんてのも素敵ですね(^^)

 

_MG_1290_R

 

 

ここでお知らせです!友建ガレッジセール開催日までおよそ一ヶ月となりました。

(友建ガレッジセールイベント情報についてはコチラをクリック☆)

我々かかりつけ大工一同着々と準備を進めています。DIYコーナーや漆喰塗り体験などご用意してお待ちしておりますのでお気軽にお越しください♪

 

詳しく見る
2016.04.23
質問をいただきました!!

こんにちは!(#^^#)

 

今回のブログでは、こちらのブログに関してお客様から頂いた質問について少し説明させていただきます!(^^)!

 

質問の内容は、、

 

・破風板と鼻隠しの役割って何?

 

 

それでは解説いたします(#^^#)

 

破風板と鼻隠しのついている箇所をもう一度見てみましょう。

IMG_8542

 

IMG_2912

 

屋根にかなり近い個所についていますよね!

つまり雨水の被害が受けやすい個所なのです。

 

もしこの部材たちがついていなかったら。。。(◎_◎;)

 

この物件でいうと、雨水が羽目板の裏などから壁内に入りたい放題!

さらに風も入りたい放題!家が冷える原因になります、、

 

つまり、躯体に直接被害を与えかねないのです、、

IMG_8534

 

隙間がかなり空いていますよね。

ここから侵入してしまいます。

 

雨水の侵入を防ぐとともに、風の侵入も防いでくれるのが破風板と鼻隠しの役割なのです!

 

 

 

さらに実はもう一つ、デザインにも大きく関係しています。

 

もしこの、破風板・鼻隠しがなかったら垂木などの材の切り口が見えてしまい、見た目がかなり悪くなってしまいますよね。。

 

 

やはり家を建てるにあたって、デザインも大きなポイントとなりますから、見た目をよくするためにも破風板、鼻隠しが使われています!

 

 

こちらの物件ではこの木材の上からガルバニウムといわれる板金で覆う仕上げになっています。

 

どのように仕上がるかは、施工後に写真にて紹介させていただきますのでぜひ読んでください!!(#^^#)

 

 

次回の更新は、DIYについてです(#^^#)

最近ブームのDIY。

友建DIYについて紹介させていただきます!(^^)!

 

読んでいただきありがとうございました!!

 

 

詳しく見る
1 / 512345
NEW
住み慣れた家をより快適で健康的に!かかりつけ大工のリフォーム相談会のお知らせ
 ドアの調子が悪い・収納棚が欲しい・雨漏りで困っている・DIYに挑戦し ...
詳しく見る
このページの先頭へ