お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
新築
2020.01.15
愛知県稲沢市注文住宅新築  透湿防水シート張り

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

構造用合板の上から透湿防水シートを張っていきます。

 

IMG_3784 - コピー

 

下から張っていき、上部からつたってきた雨水などがシート内部に入らないようにします。

 

1段目のシートと2段目のシートの重なる部分は、100㎜程度被せて施工します。

被せて施工しないと、壁内に入ってくる空気が上昇気流を起こしシートが少し捲れた場合、雨水がシート内部に侵入してしまう可能性があります。

そのため、必要な被り厚さをとり施工します。

 

IMG_3787 - コピー

 

出角や入角部分のシートは二重に被せます。

というのも、シートが折れて施工されるためどうしても脆くなりやすいです。補強として二重で施工します。

 

外部配線部分や

IMG_2898 - コピー

 

配管部分は、

IMG_2833 - コピー

 

防水テープで穴を塞ぎます。

この防水テープの施工もシート同様、下から順番に施工します。

 

IMG_3858 - コピー

 

壁のシート張りと同じタイミングで笠木の鞍掛シートを施工します。

鞍掛シートは、ビス穴止水性が高い材料となるので笠木部分に施工して、雨水の浸透を防ぎます。

 

IMG_3786 - コピー

 

構造躯体で質の高い材料を使用していたとしても、外部から雨水などが浸透して構造躯体を劣化させてしまっては、質の低下を引き起こしてしまいます。

 

それぞれの工事をきちんと理解して施工することで、品質を長く維持できる住宅を造ることが可能です。

透湿防水シート張りが完了したので、外壁を施工していきます。

その様子は後日紹介致しますので、ご覧頂けると幸いです。

 


【1月・2月のワークショップのお知らせ】

1月19日・2月2日・2月16日の日曜日に、名古屋支店にてワークショップを行います。

詳細については、下記のリンク先に記載してありますので、ご確認下さい。

http://yuken-daiku.net/news/event/7106


【最新情報】

住宅次世代ポイント制度が開始されました。

制度の細かい内容やリフォーム減税制度などを紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧下さい。

http://yuken-daiku.net/news/6845


 

 「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
2020.01.08
愛知県稲沢市注文住宅新築  高断熱・高気密

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

明けましておめでとうございます。

新年のブログ初めは、高断熱・高気密施工からです。

 

IMG_3842 - コピー

 

高断熱・高気密。この言葉を聞く機会も多くなってきているかと思います。

簡単に説明しますと、

外気と内気の境目に、断熱材と気密部材で隙間なく施工することで、外から伝わる熱の緩和や内外気の流出・流入を無くすことです。

こうすることで、省エネルギー(エアコンなどのエネルギーを省くことなど)で快適な住宅になります。

 

IMG_2984 - コピー

 

上部の写真は、コンセントBox周辺の断熱材施工の様子です。

 

裏まできちんと断熱材を施工します。隙間が生じてしまうとその場所から熱を伝えてしまうため、見落としがちな所は特に注意しながら施工します。

 

IMG_3936 - コピー

 

断熱材を施工したら、防湿フィルム(気密性を上げる為に施工します)を施工していきます。

防湿フィルムは、湿気を通さない構造になっているため、室内側に施工して室内で発生する湿気を壁内に入れないようにします。

こうすることで壁内結露を防ぐことが出来ます。

 

IMG_3857 - コピー

 

断熱施工だけ。気密施工だけ。では、家にダメージを与えかねません。

お互いの施工方法や意味をきちんと理解し、高断熱・高気密の住宅を造っていきます。

 

IMG_3843 - コピー

 

2Fの天井も同様に断熱材・防湿フィルムを施工していきます。

 

高断熱・高気密の住宅を活かす為に、他に様々な工事があります。

その様子も後日紹介致しますので、ご覧頂けると幸いです。

 


 

【最新情報】

住宅次世代ポイント制度が開始されました。

制度の細かい内容やリフォーム減税制度などを紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧下さい。

http://yuken-daiku.net/news/6845


 

 「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

 

 

詳しく見る
2019.12.18
愛知県稲沢市注文住宅  構造用金物施工

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

外部では構造用合板施工。内部では構造用金物施工をしております。

 

IMG_3700 - コピー

 

構造用金物には、使用する箇所などに応じて様々な種類の金物があります。

金物の打ち忘れや違う種類の金物を施工してしまうと、耐力低下を引き起こしてしまいます。

 

その為、弊社での自社検査は勿論

 

IMG_3713 - コピー

 

第三者検査機構のJIOに依頼をして、不備が無いことを再度確認してもらいます。

 

IMG_3708 - コピー

 

家を長く維持していくためにも、金物はとても重要な役割を担います。

 

IMG_3701 - コピー

 

金物の種類は同じでも

 

IMG_3703 - コピー

 

留め付けを行う構造ビスの本数の違いで、耐力が変わります。

見落としが無いように一つ一つ確認し、施工完了です。

 


 

【最新情報】

住宅次世代ポイント制度が開始されました。

制度の細かい内容やリフォーム減税制度などを紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧下さい。

http://yuken-daiku.net/news/6845

 


 

 「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

 

 

詳しく見る
2019.12.09
愛知県稲沢市注文住宅新築  構造用合板張り

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

建て方が完了したので、外部の構造用合板を張り進めていきます。

 

IMG_3641 - コピー

 

構造用合板は、主に耐震性や耐風性を高める為に用いられる下地材料です。

地震時に発生するせん断応力に対して耐力を保持することで、地震から家を守る工法としてとても重要な工法の一つです。

それでは、施工の様子を見ていきましょう。

 

IMG_2594 - コピー

 

構造用合板は、専用の釘で留め付けていきます。

この際に、釘の間隔やめり込み深さを確認しながら施工していきます。

 

IMG_2596 - コピー

 

釘の間隔が広すぎた場合、耐力を保持するための釘の本数が足りなく耐力を保持できなくなります。

又、狭すぎてもいけません。狭すぎた場合、釘の留め付けている場所に、応力が加わった時に割れが発生する可能性があります。割れが発生することで耐力の低下を引き起こしてしまいます。

そのため、決められた寸法で一定間隔に留め付けていくことが重要です。

 

IMG_3777 - コピー

 

張り進めていく過程で、釘の間隔やめり込み深さを確認していきます。

 

IMG_3748 - コピー

 

こうして構造用合板張りが進められていきます。

 

最後に、

 

IMG_3654 - コピー

 

ブルーシートで家全体を覆い雨が入らないようにして、工事完了となります。

 

内部の工事も並行して進んでおりますので、後日紹介致します。ご覧頂けますと幸いです。

 


【最新情報】

住宅次世代ポイント制度が開始されました。

制度の細かい内容やリフォーム減税制度などを紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧下さい。

http://yuken-daiku.net/news/6845


 

 「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
2019.11.27
愛知県稲沢市注文住宅新築  建て方

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

建て方の様子をご紹介していきます。

 

川口様邸_191114_0014 - コピー

 

先行足場を架け、外部への転落防止措置を行ってから建て方の工事に入っていきます。

 

IMG_4956 - コピー

 

家を支える柱を建てていきます。

柱は土台と同じ木曽桧を使用。この桧材を専用の乾燥機で強制乾燥させた後、現場に搬入され大工さんの手で施工されていきます。

きちんと乾燥させる事で、強度を上げ、狂いが少ない木材となります。

 

既定の場所に柱を建てていきます。これを間違いてしまうと、梁が架からなくなってしまいます。一つ一つ確認し間違いがないことを確認したら、

 

IMG_4960 - コピー

 

梁を組み上げていきます。

梁にはねじれなどに強いベイマツを使用しました。

 

IMG_4990 - コピー

 

二階も同様に柱・梁を組み上げていき、最後に屋根を伏せていきます。

 

屋根板を留める為の下地材(垂木)は、

 

川口様邸_191114_0017

 

タルキックと呼ばれる専用のビスで留め付けていきます。

吹き上がってくる風が、軒裏天井にあたり屋根を吹き飛ばしてしまうということがあるため、上からきちんとビスで締めあげ、垂木ごと吹き飛ばされないようにしています。

 

IMG_5012 - コピー

 

最後に野地板を張り、建て方の完了です。

ようやく家の形が出来ました。ここからは完成に向けて内外装共に仕上げていきます。

その様子は随時紹介致しますので、ご覧頂けると幸いです。

 


【最新情報】

住宅次世代ポイント制度が開始されました。

制度の細かい内容やリフォーム減税制度などを紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧下さい。

http://yuken-daiku.net/news/6845


 

 「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しく見る
1 / 4612345102030
NEW
1月・2月のワークショップ「ローチェア・スツール」を作ろう!
明けましておめでとうございます。 令和2年初めての「木のワークショップ」を1月1 ...
詳しく見る
このページの先頭へ