お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
新築
2018.07.26
瑞穂区注文住宅新築 杉の階段

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

今回階段材に使用した材料は、東濃の杉材になります。

 

IMG_4222

 

二階の床材には杉材を施工している為、階段材も同材で施工することとなりました。

 

写真を見て頂くとお分かりになるように、階段中央に踊り場がありますね。

直階段にしてしまうと、急勾配や階段室のスペースが取りずらい(その住宅の設計にもよりますが)といったことが出てきてしまいます。

 

また、直階段の場合ですと万が一階段上部で踏み外した際に、一階まで転げ落ちてしまいます。

その点、踊り場や廻り階段の場合ですとそれらを軽減させてあげることが出来ます。

 

これも、その住宅にあったものでないと、後々に不便に感じてしまう。

なんてことも考えられるので、お客様にあった設計を元に提案させて頂いております。

 

IMG_0197

 

段板を支えるための側板を施工します。

この側板は、管柱や間柱にきちんと留め付け施工しないと、荷重が加わった時に動いたりしてしまいます。

 

IMG_4110

 

段板を固定するために下地で補強します。

この時に、ネダボンド(ウレタン樹脂系ボンド)も併用します。

これは、床鳴りを防ぐために施工します。

 

段板に荷重がかかることで木と木が擦れ、床鳴りが発生してしまうので、ネダボンドを施工します。

 

IMG_0218

 

階段が掛け終わったら、養生をきちんと行います。

養生の仕方によっては、焼けムラが出てきてしまうのできちんと養生して階段工事の完了です。

 

その他物件のブログもアップしていくので、ご覧いただけると幸いです。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

 

 

 

 

 

 

 

 

詳しく見る
2018.07.17
瑞穂区注文住宅新築  ユニットバス据え付け

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

UB(ユニットバス)据え付け工事について、ご紹介させて頂きたいと思います。

 

UB据え付け工事を始める前に、見落としてはならない工事があります。

 

それは、UBの配管周りの

 

IMG_0153

 

断熱工事です。

 

この工事はとても重要です。

UBの床下には、給排水・ガスなどの配管が通っています。

 

ということは、基礎内部の外気が床下に流入してきてしまいます。

 

この外気の流入を防ぐために、発砲ウレタン断熱・スタイロ断熱で流入を防ぎます。

 

IMG_0155

 

外気の流入を防がないと、床下から外気が上がってきてしまいUBを冷やしてしまうのです。

いくら壁・天井断熱をきちんと施工しても、こういった箇所から外気を流入をさせてしまったら断熱欠損になってしまいます。

 

欠陥が起こりうる箇所でも友建独自の品質チェックにより、欠陥住宅を生み出すことがないようにしております。

 

断熱材を施工したら、

 

IMG_0160

 

UBを据え付けていきます。

 

UBとは、天井や壁を予め工場で作っており、その部材を現地で組み立てる浴室の事を言います。

 

IMG_0166

 

近年の住宅では、UBが主流になってきております。

工期の短縮やメンテナンスのしやすさなどの観点から多く普及しております。

 

IMG_0176

 

天井と壁のジョイント部分にコーキングを施工します。

コーキング・養生を行い工事が完了となります。

 

その他物件のブログもアップしていきますので、ご覧いただけると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.07.06
瑞穂区注文住宅新築   軒天張り

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

外壁は、

 

IMG_0205 - コピー

 

金属系サイディング。

 

軒天材は、

 

IMG_0110 - コピー

 

窯業系サイディング。

 

サイディングと言っても様々な種類のサイディングがあります。

この他にも、外壁材・軒天材にはサイディングとは違った材料があります。

 

以前施工した物件では、

 

image4

 

一部分を杉の羽目板を張りました。

 

この物件では、

 

image1

 

玄関面にタイルを施工しました。

 

外壁材に関しては金属サイディングを主に使用しておりますが、お客様によってはこのように部分的に変えられる方もいらっしゃいます。

 

私たちは、3Dキャドシステムにより仮想空間での提案をしております。

3Dで家を見れるため、想像だけでなく視覚的に建てる前の家を見ていただき、現実に近しい形でプランニングをしております。

その為、このように部分的に変えられるお客様が多くみえられます。

 

少し話がそれてしまいましたね。

軒天の話の続きをご紹介します。

 

IMG_0030 - コピー

 

軒天材を支えるための下地を施工します。

 

下地組みに関しては、室内の天井下地組みと同じになります。

 

下地を施工しましたら、

 

IMG_0034 - コピー

 

続いては、軒裏に溜まった空気を排出させるための換気部材を取り付けます。

 

この換気部材は、とても重要な役割があります。

 

『軒天材にカビが生えた』や『軒天材がめくれてきた』

このような事が起きたり聞いたりしたことはありませんか?

 

一概にこの理由が、とは断言で行きませんが、

主な理由として挙げられるのは、

軒裏部分での結露です。

 

少し話を戻しましょう。

この部材を紹介した時にも話しましたが、軒裏換気部材は室内の軒裏部分で溜まった空気を排出させます。

この部材が施工されていなと、その空気が外に出ることなく軒裏で滞留し、外気と内気の温度差が発生することで軒天材の上で結露を起し、軒天材を劣化させてしまうのです。

 

IMG_0101 - コピー

 

最後にタッチアップ(釘頭を軒天色に塗装)を行い工事完了です。

 

その他物件のブログもアップしていきますので、ご覧いただけると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

 

詳しく見る
2018.07.02
瑞穂区注文住宅新築 1階は桧 2階は杉の無垢フロア

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

フロア材を張る前に必ず行う作業。

それは、

 

IMG_0167 - コピー

 

墨出しです。

写真ですと少し分かりずらいと思いますが、写真中央に黒い線が見えるでしょうか?

この墨は、フロア材を張っていくための基準となる墨です。

 

基準墨が無いと、壁面に対して斜めにフロア材の目地がくる。

こんな現象も起きかねません。

それと、壁面側に細いフロア材が入らないように割り付けをします。

これらは、見た目が良いか。悪いか。これに尽きると思います。

 

いよいよ、2階の杉フロアを紹介したいと思います。

 

IMG_4218

 

岐阜県東濃地区でとれた杉材を使用。

杉材は、柔らかくて傷が付きやすいとお思いになる方もみえられると思います。

 

その通りで、杉材は柔らかくて傷等つきやすいです。

しかし、杉は安価で加工しやすい材料の為、住宅市場では多く出回っています。

それと杉材には、

気分を落ち着かせる効果があると研究によって結果が出ています。

 

これは、集中力の向上。などに繋がるため、子供室などの床材に使用してもらいバリバリ勉強をしてもらいましょう。

また、睡眠導入にも効果があることが分かっており、落ち着いた環境の中で快適に睡眠が取れるます。

 

そして、一階には桧材を使用。

 

IMG_0172 - コピー

 

桧材は、構造躯体の材料として住宅市場で多く出回っております。

と言いますのも、桧材は伐採されてからも100年以上成長し続ける材料と言われております。

その為、構造躯体として多く使用されることが多いです。

 

また、桧には良質な香り(中には苦手と感じる人もいらっしゃると思いますが)が長く維持され、良質な空間を維持してくれます。

桧材に関しては、杉材に比べると少し値は張りますが、こうして良質な空間にしたい場所を絞ることでコストを抑えることが出来ます。

 

IMG_0182 - コピー

 

この写真は、フロア材の張り向きを変えた写真になります。

これは、友建の大工・設計デザインの目線から提案したものです。

こうした収まりなどは、なかなかお客様からは出てきにくいものです。

 

そこで我々が最善だと思う収まりをお客様に提供させていただき、お客様と共に住宅を造っております。

 

その他物件のブログもアップしていくので、ご覧いただけると幸いです。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

詳しく見る
2018.06.28
瑞穂区注文住宅新築 無垢フロア

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

『無垢フロア』

 

IMG_0172 - コピー

 

簡単に言えば、天然の木から製材されるフロア材です。

先日ブログにて紹介させていただきましたが、1本の丸太から角材を製材する時に残ってくる木材をフロア材としても製材します。

 

無垢フロアは別名、単層フローリングと呼ばれています。

この他に、複合フローリング。

 

image1

 

このフロア材は、基材となる合板の表面に化粧板を貼りつけた、2層になるフロア材になります。

 

ホームセンターなどで皆様がよくお目にかかるフロア材は、後者のフロア材になるかと思います。

 

二つのフロア材の違いとしてまず言えることは、質感・肌触り。

この点が大きく違います。

 

それともう一つは、金額。

無垢フロアは、単価が高くて少し手が届きにくい。

こんな想いを持ったお客様も見えられるのではないでしょうか。

 

確かに、複合フローリングの方が多少は安いと思います。

しかし私たちは、材木屋さんと直でやり取りしているため、安く仕入れることが出来ます。

その為、少し良いグレードの複合フローリングより安く仕入れることが出来ております。

 

IMG_4218

 

私たちは、岐阜県産の無垢フロアを多く使用しております。

地元でとれた材木を地元で使用する。

 

そして林業・地元地域が活性化する。

 

近年林業で問題視されている、植樹した木を使用する工務店が減少しているため木を伐採できない。

こうした声もあります。

 

そうした問題を私たち友建が少しでも解決したい。

お客様には、損をさせないためにも良い材料を提供しております。

 

無垢材には他にも、様々な特徴があります。

今回は、1階に桧。2階に杉。

 

その特徴に関しましては後日ブログにて紹介致しますので、ご覧いただけると幸いです。

 


 

 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

 

詳しく見る
1 / 3212345102030
NEW
「ええがね愛知の夏!愛知ブランド企業・ユースエール認定企業等就職フェア2019」に参加します!
【ええがね愛知の夏!愛知ブランド企業・ユースエール認定企業等就職フェア2019】 ...
詳しく見る
このページの先頭へ