お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
ALL
2020.01.08
愛知県稲沢市注文住宅新築  高断熱・高気密

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

明けましておめでとうございます。

新年のブログ初めは、高断熱・高気密施工からです。

 

IMG_3842 - コピー

 

高断熱・高気密。この言葉を聞く機会も多くなってきているかと思います。

簡単に説明しますと、

外気と内気の境目に、断熱材と気密部材で隙間なく施工することで、外から伝わる熱の緩和や内外気の流出・流入を無くすことです。

こうすることで、省エネルギー(エアコンなどのエネルギーを省くことなど)で快適な住宅になります。

 

IMG_2984 - コピー

 

上部の写真は、コンセントBox周辺の断熱材施工の様子です。

 

裏まできちんと断熱材を施工します。隙間が生じてしまうとその場所から熱を伝えてしまうため、見落としがちな所は特に注意しながら施工します。

 

IMG_3936 - コピー

 

断熱材を施工したら、防湿フィルム(気密性を上げる為に施工します)を施工していきます。

防湿フィルムは、湿気を通さない構造になっているため、室内側に施工して室内で発生する湿気を壁内に入れないようにします。

こうすることで壁内結露を防ぐことが出来ます。

 

IMG_3857 - コピー

 

断熱施工だけ。気密施工だけ。では、家にダメージを与えかねません。

お互いの施工方法や意味をきちんと理解し、高断熱・高気密の住宅を造っていきます。

 

IMG_3843 - コピー

 

2Fの天井も同様に断熱材・防湿フィルムを施工していきます。

 

高断熱・高気密の住宅を活かす為に、他に様々な工事があります。

その様子も後日紹介致しますので、ご覧頂けると幸いです。

 


 

【最新情報】

住宅次世代ポイント制度が開始されました。

制度の細かい内容やリフォーム減税制度などを紹介しておりますので、下記のリンクよりご覧下さい。

http://yuken-daiku.net/news/6845


 

 「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

 

 

NEW
1月・2月のワークショップ「ローチェア・スツール」を作ろう!
明けましておめでとうございます。 令和2年初めての「木のワークショップ」を1月1 ...
詳しく見る
このページの先頭へ