お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
ALL
2018.08.08
北名古屋市改修工事   テラス屋根新設

皆様こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

ここ最近猛暑が続いておりますが、皆様は熱中症対策などきちんと行っておりますか?

我々かかりつけ大工も熱中症対策をしながら、現場で奮闘しております。

 

北名古屋の現場では、テラス屋根の新設を行いました。

 

まず初めに、

 

IMG_0686

 

既存手摺・笠木の撤去を行います。

撤去が完了しましたら、

 

IMG_0690

 

屋根材を受ける部材を施工します。(住宅で言いますと、梁になる部分)

この部材の取付は、ボルトで締める方法で施工しております。

外壁材に対してのビスの効きがあまり良くなかったため、ボルトで外壁材を挟み込む形で施工しました。

 

ただ取り付けるのではなく、留め付ける部材や仕様によって様々な施工方法で施工します。

 

この時に、外壁面に接している部材と手前側の部材の高さに、高低差を付けます。

高低差を無くして水平に施工してしまうと、雨水が雨樋にうまく流れず、屋根上で伝ってきた雨水が雨樋ではない箇所から流れ落ちてしまいます。

そのようなことを防ぐためにも、高低差で勾配を付けます。

 

次に、

 

IMG_0688

 

 

笠木の取り付けです。

先程の写真を見ていただければお分かりになる通り、梁になる部分の受けがないですよね。

そこで、笠木の上端部分に柱の受け材を施工し、その受け材に柱になる部材を取り付けたら梁を柱で支えていきます。

 

柱を施工しましたら、

 

IMG_4330

 

屋根を施工します。

 

先日のブログでもご紹介させていただきましたが、屋根材にはポリカーボネートを施工しました。

 

後は、

 

IMG_4336

 

手摺を施工し、

 

IMG_4339

 

テラス屋根新設工事の完了です。

 

工事が終了してからお施主様が、これで雨の日でも安全に昇降できる。とおっしゃっていました。

私たちかかりつけ大工は、お客様に安心・安全・快適に暮らしていただくために、家造りを行っております。

 

何処かご不安な箇所等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

NEW
「ええがね愛知の夏!愛知ブランド企業・ユースエール認定企業等就職フェア2019」に参加します!
【ええがね愛知の夏!愛知ブランド企業・ユースエール認定企業等就職フェア2019】 ...
詳しく見る
このページの先頭へ