お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
ALL
2018.06.27
天白区改修工事  ライフスタイルの変化に伴った工事

こんにちは!かかりつけ大工の友建です。

 

ライフスタイルの変化に伴った工事。

 

今回は、吹き抜け部分を塞ぎ、1階と2階を分けて欲しい。

こういったご依頼でした。

 

生活スタイルが変化していく中で間取りを変えるだけでなく、このような吹き抜け空間を塞ぎ新たに床を造ることにより、吹き抜け空間を有効に使用できます。

 

IMG_3326

 

吹き抜け空間を塞ぐため、ピン工法で梁を組んでいきます。

 

後付け梁金物を先に取り付け、梁を落とし込んでいきます。

 

この時に金物の欠きが大き過ぎてしまうと、その金物に対する耐力の低下などに繋がり、梁の強度が落ちてしまいます。

 

IMG_1081

 

梁を施工後、天井下地組みを行います。

 

上階の振動を極力下の階に伝えないよう、防振吊り金物を施工します。

 

この金物は、梁から伝わってくる振動をそのまま下地材に伝えるのではなく、振動を緩和することで上の階ででた足音などを下の階に伝えにくくしています。

 

念には念を。

 

IMG_1086

 

一階と二階の空間を塞いだだけなので、天井部分は室内空間となります。

その為、断熱材を施工する必要がありません。

 

なぜ施工しているのかというと、断熱性能は勿論ながら吸音性能もあるため天井に施工し、音を伝えにくくします。

 

IMG_1184

 

最後に天井にプラスターボードを張り、吹き抜け部分の塞ぎは完了です。

 

その他物件のブログもアップしていくので、ご覧いただけると幸いです。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

 

NEW
「ええがね愛知の夏!愛知ブランド企業・ユースエール認定企業等就職フェア2019」に参加します!
【ええがね愛知の夏!愛知ブランド企業・ユースエール認定企業等就職フェア2019】 ...
詳しく見る
このページの先頭へ