お電話でのお問い合わせは:0568-65-9401
お電話でのお問い合わせは:0568-65-9401
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
ALL
2017.02.16
あま市S様邸内部造作工事(仕上げ)

 

みなさんこんにちは。かかりつけ大工の友建です!

2月も半ばに突入してまいりましたが寒い日がまだまだ続いております。

風邪やインフルエンザにはお気をつけください。

 

 

あま市にて施工していた新築住宅S様邸の完成が間近に迫ってきました。

内部の細かな造作工事の進行具合ををまとめてご紹介いたします。

 

 

今までご紹介してきた断熱・気密工事やプラスターボード貼り、下地工事はいわば『家が完成すれば見えなくなる』工事です。だからこそ細かなところまで配慮して妥協のない施工をする必要がありましたが、今回ご紹介する内部造作工事は『家が完成したときに常に見えている』工事のため、機能性や施工性だけでなく見た目の出来栄えにも今まで以上に気を配る必要があります。

汚したり、傷つけたりするのは厳禁です。お客様に傷一つないきれいな状態でお家を引き渡しできるよう、身の回りの清潔さを配慮しつつ施工を進めていきます。

 

 

 

まず、最も内部造作工事として範囲が大きいのがフロア貼りです。

お客様のご要望にあわせ選定したフローリングを、床下地の上に一枚一枚施工していきます。

 

IMG_4744

 

今回S様邸では、吉野杉の無垢フローリングを使用しました。

フローリングには無垢・複合といった種類がいくつかあります。中でも無垢材は、一本の原木から切り出した材をそのまま使用したもので、木を薄くした板を接着剤で組み合わせたり固めたりする合板からなる複合のものとは違い、木本来の質感・風合いが感じられます。

また、断熱性が高く、その性能はコンクリートに比べおよそ2倍を誇るため、周りの温度に影響されにくいのも大きな特徴です。

 

無垢材には調湿性能もあり、湿気の多い日は水分を吸収し、乾燥している日は水分を放出して部屋の湿度を一定に保とうとします。そのため縮む・膨らむといった性質があります。

月日が経つと伸縮が進み、膨らんだ際に隣り合ったフローリングがぶつかって材が膨れ上がったり割れたりする恐れがあります。それを防ぐために、フローリング間にわずかな隙間をもたせながら施工していくことが重要になってきます。

伸縮してしまうという欠点はありますが、それも無垢材ならではの特徴であり、家族とともに成長している証拠だと考えられるため、近年では無垢材の需要が上がってきています。

 

今回S様邸で使用した杉は、柔らかい木なので傷やへこみが付きやすくなっています。施工や養生が疎かになってしまうと傷が付きやすいため、丁寧に施工をすすめました。

こうした材料の特徴をしっかり理解し、施工に当たっての判断を行うのも住宅作りにおける重要なポイントです。

 

IMG_4748

 

IMG_4750

 

ところどころに出てきた節や柄が不揃いな感じが、天然の木の風合いを演出していてとっても素敵です。

肌触りもとってもよいのでこのフローリングの上で寝転がったりリラックスすると気持ちよさそうですね。

 

 

 

次に枠付けについてご紹介します。

部屋と部屋を仕切るドアや引戸は、内部建具(たてぐ)と呼ばれます。

建具本体となる扉は工事の最後の段階で取り付けるため、それにあたってあらかじめ枠を施工しておく必要があります。

枠付けが適当だと、後々の建具取付の際に扉の閉まりや開閉の容易性に影響が出てきてしまうため、寸法や角度を綿密に見て正確に施工しなければなりません。

 

IMG_4251

 

枠が床に対して斜めになっていると、建具を閉めた際に隙間が生まれてしまいます。建具を閉めた際に、ぴったりと枠と建具がくっつくよう、レーザー機などを用いて垂直を出します。

建具の上部分の枠を施工する際も、基本的には床面と水平を保ち取り付けますが、

人の目の錯覚により、100%水平に取り付けると中央部分が垂れ下がって見えてしまうんです。

目の錯覚を考慮して、上枠は中央を若干持ち上げるように施工しました。

S様邸の建具は次回のブログでご紹介いたします。

 

 

最後は巾木(はばき)のご紹介です。

巾木とは床と壁の接合部に取り付ける部材を指します。皆様の家にも、床と壁の取り合いの部分に薄い材がはりつけられていると思います。

 

IMG_4259

 

IMG_4260

 

巾木を施工する意味は、2つの理由からなります。

 

一つは、部屋の床掃除の際、壁が汚れたり傷ついたりするのを防ぐためです。

一般の家庭用掃除機をかけるとき、壁際を掃除するとなると掃除機が巾木にぶつかっているのが分かるかと思います。巾木があることによって直接壁が傷つけられてへこんでしまったりクロスに汚れがついてしまったりするのを防げます。また、濡れた雑巾などでクロスを直接拭いてしまうとクロスの劣化を助長させてしまうことになるため、巾木を施工することによって直接クロスに雑巾などが触れてしまうのを防いでいます。

 

もう一つは、施工性を考慮しているためです。『天井と壁』とは違い『床と壁』は一般に材料が異なっています。そのため綺麗に収めるのが大変で、手間もコストもかかってしまうため、巾木を取り付け床と壁の取り合い部分を隠すことで施工性・コストの面での効果を図っています。

 

 

 

これらの内部造作が進むと、一気に家全体の雰囲気が完成に近づきます。

ここから先の施工では、家の中を傷つけないように、汚さないように細心の注意を払いながら進めます。

次回のブログでは、S様邸の最大の特徴である土間部分の建具や、S様と打ち合わせをし部屋ごとに選定したクロスなどをご紹介します。

 

 

S様邸も完成間近。家の全貌が見えるのが楽しみです。

完成したS様邸の様子は、皆様の目で直接ご覧いただくことができます。

2月18日・19日、現地にて完成見学会イベントを行います。

完成したS様邸をご覧いただきながら、弊社の用意したイベントや粗品でお楽しみいただける機会となっております。実際にS様邸を施工したかかりつけ大工も皆様の来場をお待ちしております。詳しくはこちらのイベント情報をご覧ください。

 

今回もブログを読んでいただきありがとうございました。次回のブログもよろしくお願いいたします!

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

中日おしえてナビ*http://oshiete.chunichi.co.jp/tokai/pro/288/

マイベストプロ*http://mbp-aichi.com/yuken-daiku/

NEW
岩倉市Y様邸 らくがきかいのお知らせ
建替えのご依頼を頂いたお家で解体前に「落書き会」を開催致します。日にち:6月18 ...
詳しく見る
このページの先頭へ