お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
ALL
2019.05.20
春日井市注文住宅新築  構造用合板張り

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

躯体が出来上がりましたので、ここから様々な業種の職人さんと協力し家を造っていきます。

その様子は、ブログで紹介していきます。ご覧いただけると幸いです。

 

今日は、大工さんが施工する構造用合板張りについて紹介していきます。

 

IMG_2605 - コピー

 

構造用合板とは、耐力壁や耐力床を作るときに用いられる構造用の合板です。

従来の住宅造りでは、構造用合板で耐力を保つのではなく、筋交いを用いて耐力を保っていました。

昨今の住宅造りにおいては、外部に構造用合板を張る住宅が多いです。

 

筋交いでも耐力が保てないことは無いですが、構造用合板の方がより耐力を保つことが出来ます。

と言いますのも、地震などの際に壁面にかかる力は、剛心(地震などに耐えようとする力の中心)位置から遠ければ遠いほど力が分散され、面で力を分散していくので耐力を保つことが出来ます。

 

これが筋交いの場合ですと、点で力を分散しないといけないため、構造用合板より耐力が低下してしまいます。(あくまでも一つの壁面で見た場合の見解ですので、筋交いだから耐震性が悪いわけではありません。)

 

IMG_2597 - コピー

 

構造用合板張りでも特に注意しないといけないのが、釘の間隔・釘の沈み(合板のめり込み深さ)です。

この二点がきちんと施工されていないと、図面上の耐力を保つことが困難になってしまいます。

 

写真の合板を留め付けている釘の間隔が左右で違いますね。

これは、その壁面が構造壁かそうではないかの違いです。

 

IMG_2720 - コピー

 

適正な箇所に適正な施工方法で施工していきます。

いくら図面上で良い住宅が造れても、現場に入っている職人さんが意味を理解せずに施工していたら、図面通りの住宅ではなくなってしまう可能性があります。

 

弊社では大工を社員として抱え、きちんとした教育のもと、良い家を提供しかかりつけ大工として生涯に渡り家を守っていくパートナーとして日々精進しております。

 


 

「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

 

詳しく見る
2019.05.15
北名古屋市修繕工事   蛇口交換

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

以前施工させていただいたお客様からお電話が。『外部の蛇口が外れてしまったので、直してもらえないですか。』と。

直ちに現場へ急行。(応急処置は施されているそうですが)

 

高藤様邸  蛇口交換工事_190514_0001

 

蛇口の口元が劣化しており、ゆるゆるの状態でした。

現地に伺い、シールテープで(配管と蛇口の接合部に巻くテープ状のシール材)修繕すれば直りましたが、お客様と話していくうちに、今の状態では使い勝手が悪いので、蛇口の口元を下に向けて欲しい。と依頼を頂きました。

とりあえずシールテープを巻き、日を改め施工します。

 

高藤様邸  蛇口交換工事_190514_0004

 

では、蛇口の修繕工事を行います。

まず初めに、止水を行い配管内にある水を出していきます。

 

高藤様邸  蛇口交換工事_190514_0006

 

次に配管を切断していきます。

蛇口の向きを変えた際に、今の配管高さでは使い勝手が悪いので配管を接続し直していきます。

 

高藤様邸  蛇口交換工事_190514_0009

 

配管の接合部には、エスロンと呼ばれる塩ビ管専用接着剤を塗布していきます。

この塗りが甘いと、水漏れの原因になるのでたっぷりと塗布していきます。

 

高藤様邸  蛇口交換工事_190514_0007

 

配管の接合が完了したら、蛇口を取り付けていきます。

先程も話したように、シールテープ(蛇口根元の白い部分)を巻き付けていきます。

 

高藤様邸  蛇口交換工事_190514_0013

 

最後に

 

高藤様邸  蛇口交換工事_190514_0016

 

パイプカバーを施工します。

カバーが無く配管が露出したままだと、冬に配管が冷やされ凍結してしまいます。

凍結防止の意味でもカバーをしていきます。

 

カバーが外れないように、テープを巻き付け工事完了です。

 


 

「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
2019.05.13
春日井市注文住宅新築  建て方

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

土台敷きが完了後、建て方開始。

 

IMG_2484 - コピー

 

一階の柱・梁から間配りを行い、クレーンで梁を吊ってもらい梁を組んでいきます。

柱には岐阜産の桧を使用。桧は、伐採した後でも成長(主に硬くなっていく)する木材ですので、昔から構造材として重宝されています。

 

DCIM100GOPROGOPR0101.JPG

 

大工さんが持っているハンマーみたいなのは、『掛矢(かけや)』と呼ばれる工具です。

 

掛矢で上から梁を叩いて落とし込んでいきます。

 

IMG_2522 - コピー

 

小屋組みを施工していきます。

 

IMG_3357 - コピー

 

垂木は『タルキック』と呼ばれる専用のビスで、母屋に垂木を留め付けていきます。

 

IMG_3371 - コピー

 

垂木の上から野地板と防音材(インシュレーションボード)を施工して、

 

IMG_3389 - コピー

 

その上から屋根に施工する防水シート(改質アスファルトルーフィング)を敷き込み建て方完了です。

 


 

「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
2019.05.09
春日井市注文住宅新築  土台敷き

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

先日基礎工事が完了しましたので、いよいよ建物が建ち始めます。

建物が建つ前に、建物を支える土台を施工していきます。

 

IMG_2400 - コピー

 

基礎に基準となる墨付けを行います。

この墨付けがいい加減だと、建物に影響が出てしまうので正確に墨付けを行います。

 

IMG_2409 - コピー

 

墨付け完了後、基礎パッキン(↑基礎上部の黒い部材)を敷いていきます。

基礎パッキンは、床下の換気を行う為に、基礎と土台の間に施工する換気部材です。

写真では、右と左の部材が異なっているのが分かりますでしょうか。

 

右側は、通常の基礎パッキンで通気孔があるため、その孔を空気が流れていきます。

左側は、気密パッキンと呼ばれる部材で、通気孔がないため、空気がパッキン内を流れることがありません。

 

気密パッキンが施工される箇所は、床下断熱工法で施工する場合、主に床下断熱を施工できない箇所。玄関やUB。

床下に断熱を施工できないため、気密パッキンを施工する事で、床下の外気を室内に入れないようにします。

 

IMG_2418 - コピー

 

基礎パッキンの敷き込みが完了したら、土台・大引きを施工します。

大引きは鋼製束で支えていきます。

 

IMG_2434 - コピー

 

床下の断熱材です。

隙間なく敷き込むことで、床から上がってくる冷気を防ぎます。

 

IMG_2444 - コピー

 

断熱施工の後は、剛床板施工です。

根太工法から根太レス工法になり、床には28㎜の剛床板を施工します。

剛床板を施工する事で、水平面高力に対しての耐力向上。土台・大引きと剛床板との隙間が無いため、気流止めを行うことが出来ます。

 

IMG_2455 - コピー

 

最後に養生フィルムを敷き込み、土台敷き完了です。

 

土台敷きを行うだけでも様々な意味が存在します。

その意味をきちんと理解して施工しています。

 


 

「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
2019.05.07
春日井市注文住宅新築  基礎工事完了

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

新元号に変わり、時代が変わりましたね。

友建は、令和の時代もお客様にとって、快適で質の良い住宅を提供していきます。

かかりつけ大工をよろしくお願い致します。

 

立ち上がり基礎のコンクリートが乾燥した事を確認して、型枠を外していきます。

 

型枠を外し、基礎内部の断熱施工を行います。

 

IMG_2275 - コピー

 

玄関・UBにスタイロフォームの断熱材を施工します。

 

IMG_2282 - コピー

 

今回は、玄関とUBの基礎部分にしかスタイロフォームの断熱材を施工しません。というのも、他の場所は

 

IMG_2434 - コピー

 

このように床下に断熱材を敷き込みます。

その為、断熱材の下は外気空間となります。

 

しかし、UB・玄関には断熱材を敷き込まないため、外気を断ち内気空間にします。

そこで必要となるのが、立ち上がり基礎部分への断熱施工です。

立ち上がり基礎から伝わってくる外気を断熱材で防いでいきます。

 

IMG_2339 - コピー

 

断熱材の施工が完了したら、土間のコンクリートを打設していきます。

 

IMG_2340 - コピー

 

表面を綺麗にヘラで均し

 

IMG_2350 - コピー

 

土間のコンクリート打設が完了し、基礎工事の全工程が完了しました。

 

一つ一つの作業の意味をきちんと捉え、質の高い住宅を提供しております。

 


 

 

「かかりつけ大工」友建の各種ページは下記よりご覧ください。

トップページ | News & ブログ | 新築注文住宅施工事例

リフォーム施工事例 | 古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ | 朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
1 / 7312345102030
NEW
4月20日から21日開催 春日井市高座町構造見学会「かかりつけ大工」の家造り
4月20日(土)から21日(日)の2日間 「かかりつけ大工」友建が手掛ける注文住 ...
詳しく見る
このページの先頭へ