お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

建築中ブログ

友建が現在携わっているお仕事、普段は隠れてしまうところも惜しみなくお見せいたします。
ALL
2019.02.21
北区注文住宅新築  PB張り

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

PB・・・プラスターボード。

 

IMG_1232

 

主に壁紙やペイント塗装の下地材として施工しています。

防火性能が備わっているため、内壁の壁材として広く普及しています。

 

又、面材となるため施工の仕方によっては、耐力壁としても活用されています。

 

それでは、プラスターボード張りについて紹介していきます。

 

IMG_1165

 

天井ボード張り途中の様子です。

 

天井ボードは、千鳥張りと呼ばれる方法で張り進めていきます。

千鳥張りは、写真のように継ぎ目をわざとずらすことによって、継ぎ目部分の動きを軽減することが出来ます。

 

IMG_1136

 

次の写真は、その継ぎ目部分にボンドを塗布している様子です。

 

というのも、継ぎ目部分の動きを軽減できても家全体には常に振動が伝わっている状況ですので、継ぎ目部分が動き壁紙の割れを誘発してしまいます。

 

この動きを止める為に、継ぎ目部分をボンドで接着させ、壁紙の割れへのリスクを軽減することが出来ます。

 

IMG_1194

 

天井・壁のプラスターボードを張り完了の様子です。

 

天井・壁共に隙間なく施工する事で壁紙が綺麗に貼れ、立派な仕上がりになります。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

中日新聞Web:中日おしえてナビ*http://oshiete.chunichi.co.jp/tokai/pro/288/

 

詳しく見る
2019.02.19
北区注文住宅新築  屋根板金工事

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

今回の物件では、屋根材にガルバニウム鋼板を使用。

 

鋼板というと、従来使用されていた『トタン』を連想するかもしれません。

トタンのイメージは、錆びる。

このように感じる事かと思います。

 

昨今住宅などにおいて流通している鋼板は、ガルバニウム鋼板と呼ばれる錆びにくい鋼板となります。

錆びにくいだけで、錆びないわけではないですのでメンテナンスは必須です。

それでは、工事の様子を紹介していきます。

 

IMG_1016

 

まずは、屋根材の下に施工されているアスファルトルーフィングに不備(破れなど)など無いか確認します。

 

IMG_1035 - コピー

 

屋根板金唐草を施工し、屋根の外周部を鋼板でまわります。

これは、雨水を軒天や破風に伝えないために施工します。

 

IMG_1097

 

板金が折り返されているのが、お分かりいただけますでしょうか。

板金を折り返すことによって雨水の侵入を防いでいます。

 

屋根は勾配がついているから雨水が上がることが無い。

そんなはずはないんです。

 

屋根に残った水滴などが風によって上がってきてしまい、雨水が侵入してしまうケースは珍しくありません。

この現象を防ぐためにも、折り返しが必要なわけです。

 

IMG_1188

 

棟の板金や土居のし板金を施工します。

 

IMG_1193

 

各工事不備がないか確認し、工事完了となります。

 

途中で少しお話したのですが、家のメンテナンスはとても重要です。

私たちは『かかりつけ大工』として、家のメンテナンスなども行っております。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

中日新聞Web:中日おしえてナビ*http://oshiete.chunichi.co.jp/tokai/pro/288/

詳しく見る
2019.02.16
天白区 間仕切壁新設

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

間仕切壁を新設した面に壁紙を貼っていきます。

 

まず初めに、

 

IMG_0138

 

壁面の凹凸をなくすために、

 

IMG_0140

 

パテ処理を行います。

プラスターボードをビスで留めていくのですが、ボードにビスが食い込むため多少の凹みが出てしまいます。

 

その凹みを平らにしないと、壁紙を貼ったときに凹んでしまうため、きちんと施工し平らな壁面に仕上げます。

 

IMG_0152

 

パテ処理が完了したら壁紙を貼っていきます。

 

片面は白ベースの壁紙ですが、裏側の面は

 

IMG_0150

 

少し華やかな壁紙で仕上げました。

 

お客様と打ち合わせを重ねながら一つ一つ丁寧に決めていき、納得のいくものを造っております。

 

IMG_0143 - コピー

 

左のドアは既存ドアで、右のドアは新設したドアです。

何か違う部分があるのにお気づきでしょうか。(メーカーや柄は同等品)

 

小さなことかもしれませんが、左は外開き・右は内開きになってます。

何故かと言うと、両方を外開きにした場合、中から人が出てくるタイミングが一緒ですと扉に当たったり、人同士がぶつかってしまう可能性があります。

 

扉を内開きと外開きで互い違いにすることで、ぶつかるリスクを減らすことが出来ます。

 

一見小さなことの様に見えても、長年使用していくと不便に感じてしまう事があるかと思います。

こうした細かなところまで突き詰め、よりよいものを提供しております。

 

不便に感じていることなどございましたら、一度ご相談下さいませ。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

中日新聞Web:中日おしえてナビ*http://oshiete.chunichi.co.jp/tokai/pro/288/

 

詳しく見る
2019.02.13
北区注文住宅新築  バルコニー防水下地工事

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

バルコニーの床は勾配がついていますよね。

この勾配は水を排水口まで流す役目を持ちます。

 

ここまでは、一般的で皆様もご存知かと思います。

しかし、バルコニーの床を作るには他にも注意しないといけないことがあります。

その工事の様子をふまえて、ブログを書いていきます。

 

IMG_1054

 

バルコニー床を綺麗な状態にしてから工事を開始します。

 

バルコニー内部の立ち上がり部分に、ケイカル板(不燃建材)を施工します。

ケイカル板下部に、小さな穴が空いているのが分かりますでしょうか。

 

これは、

 

IMG_1060

 

勾配をつけた時に多少の隙間が生じるため、その隙間に熱気が溜まってしまいます。(床下にきちんと断熱材が施工されているため)

この隙間に熱気がこもってしまう事で、防水層の劣化を招いてしまいます。

 

熱気を排出させるために、空気が流れる道を壁に設けます。

下の方だけ開けても意味が無いですので、上部にも

 

IMG_1322

 

カバープレートと呼ばれる換気部材を施工します。

この換気部材の穴から、バルコニー床下に溜まる熱気が排出されます。

 

IMG_1070

 

下地を施工した上から合板を施工し

 

IMG_1074

 

最後に耐火野地板のセンチュリーボード(ベランダ君)を施工して、工事が完了です。

 

途中でも紹介しましたが、この工事では排水の為にきちんとした勾配で施工するのは勿論ながら、熱気を排出させることも重要です。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

中日新聞Web:中日おしえてナビ*http://oshiete.chunichi.co.jp/tokai/pro/288/

詳しく見る
2019.02.11
北区注文住宅新築   外壁通気工法

こんにちは!『かかりつけ大工』の友建です。

 

外壁通気工法とは、外壁と躯体との間に通気層を設けることにより、壁内に入った湿気を通気層内の空気の流れによって排出させる役割を持ちます。

湿気が壁内に溜まり続けると、内部結露などの悪さを引き起こします。

又、構造躯体(透湿防水シート)上部に付着した雨水などの水が外壁材と直接触れてしまい、逃げ場のない雨水と外壁材の温度上昇(夏場)に伴い、外壁材の劣化を速めてしまいます。

 

こうしたことから、通気工法がとても重要な工事となります。

 

IMG_1173

 

通気工法を採用しているということは、通気がきちんと行われていないと家の寿命を縮めてしまいます。

 

IMG_1166

 

ただ、通気層を施工するのではなく

 

IMG_1189

 

空気の流れを考え、効率よく通気層に空気が流れるように施工します。

 

IMG_1197

 

この写真は通気工法とは別の工事ですが、案外施工されてないことがあります。

 

万が一透湿防水の内側に水が伝ってきてしまった場合、

 

IMG_6113 - コピー

 

外部の構造用合板と土台水切りとの接地面から、土台内部へと雨水が侵入してしまいます。

 

IMG_1199

 

防水テープを施工したら、透湿防水シートを水切りまで戻して、その上から防虫ベンツ(写真・グレー色と黒色の部材)を取り付けます。

 

これは名前の通り、虫の侵入を防ぎます。

 

通気層があるということは、外壁と構造躯体に隙間があります。

この隙間を狙って、ハチなどの虫が侵入してしまいます。

 

その侵入を防ぐために防虫ベンツを施工し、外壁通気工法の工事完了となります。

 


友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

中日新聞Web:中日おしえてナビ*http://oshiete.chunichi.co.jp/tokai/pro/288/

 

 

 

詳しく見る
1 / 6812345102030
NEW
「HAPPY MAMA FESTA 2019 名古屋」出店のお知らせ 2月22日(金)から24日(日)
こんにちは。「かかりつけ大工」の友建です。 出店イベントのお知らせです ...
詳しく見る
このページの先頭へ