YUKEN HOME

NEWS & INFOMATION 最新情報

リフォームに関するご質問を受付中。随時お答えしていきます。


皆様こんにちは。

先日、友建は新しい工事に着工しました。

今回工事をさせていただくのは瀬戸市のS様邸で、

この物件で友建は初めて「長期優良住宅化リフォーム推進事業」に取り組みます。

 

今回は、この「長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは何か、皆様にご説明したいと思います。

 

 

「長期優良住宅化リフォーム推進事業」とは、国土交通省が定めている

「質の高い住宅ストックの形成および子育てしやすい環境の整備を図るため、既存住宅の長寿命化や三世代同居など複数世帯の同居に資するリフォームを推進する事業」です。

 

 

具体的には

①工事前のインスペクション(検査・視察・査察)の実施

②一定の性能を満たすリフォーム工事又は三世代同居改修工事

③リフォーム履歴と維持保全計画の作成

 

を行う事業のうち、申請を認められた事業に対して国が費用の一部を補助するものです。

 

 

端的にいうと、「これからの日本の住宅を質が高くて長く使えるものにするために、既存の住宅をリフォームする際は劣化対策や耐震対策、省エネ対策などをしっかりと行いましょう」

という国の方針を満たしたら、工事に対して国が補助金を出してくれるという事業です。

 

国に出してもらえる補助金は、長期優良化にかかわる工事の金額のうち

補助率1/3 かつ 補助限度額100万円まで

と定められています。

 

 

先述したとおり、この長期優良住宅化リフォーム推進事業を申請するには、

そのリフォーム工事が劣化対策・耐震性向上・省エネ性向上・維持管理又は更新の容易性向上を施し住宅の性能を一定の基準まで向上させる工事である必要があります。

 

 

長期優良住宅化リフォーム推進事業が定める性能基準には

 

 S基準・・・長期優良住宅(増改築)認定基準の水準

 A基準・・・S基準には満たないが一定の性能向上が見込まれる水準

 

の二種類があります。

長期優良住宅化リフォーム推進事業では、劣化対策・耐震性向上・省エネ性向上などの項目においてS基準またはA基準を満たしていることが必須となります。

そのうち劣化対策・耐震性向上はリフォーム後にA基準に達していることが要件なので、リフォーム工事を施工する前にすでに基準に達している場合は工事の有無は問われません。他の項目の向上を求める工事だけでもよいということです。

 

 

参考までに、具体的なA基準の概要をあげると、

 

 劣化対策⇒外壁の軸組等・地盤、基礎、土台、床下・浴室及び脱衣室・小屋裏

      に一定の劣化対策措置を行うこと

 耐震性の向上⇒新耐震基準に適合していること・耐震等級1を満たすこと

 

等があげられます。特に、耐震性の向上を測るにあたって、新耐震基準を満たすために耐震補強工事は欠かせません。

 

 

性能基準と対象工事の関係性の例を図で表すと下記のようなイメージです。

例)

長期優良住宅化リフォーム推進事業対象基準5

 

 

 

この基準を満たしていることに加え、最初に述べた

 

・インスペクションの実施

・リフォーム履歴と維持保全計画の作成

 

もクリアしていることで長期優良住宅化リフォーム推進事業に申請できるようになります。

 

申請にあたって書類処理や調査などいろいろな作業があり大変ですが、友建ではそういった申請作業ももちろんかかりつけ大工が行います。

はじめてのことなので試行錯誤しながらの日々ですが、無事申請許可が下りるよう知恵を深めながら進めています。

 

 

友建初の長期優良住宅化リフォーム推進事業に取り組むS様邸の工事の様子はブログにて追ってお伝えしたいと思います(^^)無事に完成・引渡しを迎えるまで、よろしくお願いいたします。

 

読んでいただきありがとうございました。

戻る
このページの先頭へ