お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

最新情報

友建の最新の営業情報・PR情報を掲載します。
CATEGORY
NEW
4月20日から21日開催 春日井市高座町構造見学会「かかりつけ大工」の家造り
4月20日(土)から21日(日)の2日間 「かかりつけ大工」友建が手掛ける注文住 ...
詳しく見る
ALL
CATEGORY > イベント情報
2019.02.03
「HAPPY MAMA FESTA 2019 名古屋」出店のお知らせ 2月22日(金)から24日(日)
nagoya2019_2

こんにちは。

「かかりつけ大工」の友建です。

 

出店イベントのお知らせです。

 

「HAPPY MAMA FESTA 2019」at・ナゴヤドーム

 

が2月22日(金)から24日(日)で開催されます。

 

このイベントに 「かかりつけ大工」の友建が出店致します。

 

“ママと企業と社会を繋ぎ、家族が、日本が、もっと元気になれる場所を!”をコンセプトに、家事や育児・育自や仕事に一生懸命なママたちを応援する、ママのためのイベントとなっております。

 

開催概要は下記の様になっております。

 

開催概要

 主催 : HAPPY MAMAFESTA 実行委員会(中日新聞社、ナゴヤドーム)

 共催 : 日本財団

 会場 : 名古屋ドーム(名古屋市東区大幸南1-1-1)

企画協力: よしもとクリエイティブ・エージェンシー

となっており、昨年も多数の芸人やタレントが参加したイベントとなっております。

 

ママ応援の企画が多数行われるだけでなく、ご家族そろって楽しめるイベントとなっております。

是非ご参加ください。

 

詳しくはHAPPY MAMA FESTA 2019 at・名古屋HPはこちらをご覧ください。

 

 

「かかりつけ大工」出店内容

 

弊社ブースでは家造りを展示するだけでなく、

大工と作る木を使った2つのワークショップを実施いたします。

(来場者お子様1名様に1つのワークショップをお楽しみ頂けます。)

また、イベントで大人気な杉とひのきの積み木も楽しんで頂けます。

(混雑時は10分で交代頂きますようお願い致します。)

 

イベント参加の流れ(参加費無料)

 

・ アンケートを答えて頂くとお子様お一人に付き1枚コインをお渡しします。

・ 店舗内にてコインと引き換えに木のおもちゃを一つ交換下さい。

・ ワークショップエリアで大工と一緒に完成させましょう。

・ 完成したら持って帰ってお家で遊んでください。

参加するワークショップは下記に詳しくご説明しております。

 

1. 木のはと笛の色塗り

 

 以前も好評だった木で作ったはとの形の笛(ふえ)の色塗りをして持って帰ろう。

 今回は弊社の方で組み立てまで行っておきます。

 色塗りを自由にして好きなリボンを付けてお持ち帰り頂ける様に致します。

 オリジナルのはと笛で遊んでください。

 

 はとぶえ2

 
2. 木のおもちゃのお弁当を作ろう

 

木で作ったおもちゃを色塗りし、オリジナルのお弁当を作って持って帰ろう。

 

おにぎり・のりまき・ウィンナー・ポテト・たまご

そして、木の魚を釣って

色塗りし、お弁当箱に詰めよう。

完成したら家に持って帰ってまた遊んでね。

木のお弁当箱_190219_0007

木のお弁当箱_190219_0001

 

いずれのワークショップも数に限りがございます。

なくなり次第終了となりますので予めご了承ください。

 

その他ご来場特典

弊社ブースへのご来場の特典として、アンケートにお答え頂いたお客様の中から抽選で、

アピタ・イオンでも使える JCBギフト券2,000円分 (15名様)

もしくは、

東濃杉 木のバスマット 6,000円相当  (5名様)

木のお弁当箱_190219_0008

木のお弁当箱_190219_0011

をプレゼント致します。

こちらはイベント後、ホームページと郵送をもって発表とさせて頂きます。

 

招待チケット配布のお知らせ

 

弊社からイベント招待券の配布も行っております。

是非お問い合わせ下さい。

(数に限りがございます。なくなり次第終了となるので予めご了承ください。)

 

※イベントの内容等変更があれば予告無く変更する事があります。

詳しく見る
CATEGORY > 最新情報
2019.02.01
CBCラジオ「北野誠のズバリ!」出演と本店取材

こんばんは。

「かかりつけ大工」の友建代表の山田です。

 

今週、2本のラジオ番組にて「かかりつけ大工」友建を紹介いただけました。

 

● 1月29日の午後14時35分頃に、CBCラジオの「北野誠のズバリ!」に生出演させて頂きました。

radikoはこちら(来週月曜日まで)

received_293748247975289

received_362023571279081

 

大工の現状を伝えさせて頂きました。
近年の大工は昔ほどの技術を学ぶ必要も無く、道具が仕事をする時代だと言えます。
その結果知識を知る必要(学ぶ必要)が無いことで、知らずに多くの欠陥住宅を生み出しています。

私は京都で大工として修行を始めて直ぐに阪神淡路大震災に遭いました。
まだ17才だった私は現地の状況にショックを受けました。
欠陥住宅も多く、その結果亡くなられた方も多く、「大工の仕事とは?」に疑問を感じたのが24年前になります。

 

それ以降大工と学業を両立し、26才で大学院を修了して「家造りの本質」を追及してきました。

 

今では「かかりつけ大工」と名付けて家造りの技術者を幅広く育成しています。
彼等が造る家では、
「住まい手と住まいの歴史が続く様に。」
私達友建はこの想いを持って誕生しました。

 

初心忘れず今後も技術者の育成に努めたいと思います。

 

● 1月31日16時45分頃の放送「丹野みどりのよりどりっ!」の中でも

ドライブレポーターの松本さんに取材をして頂けました。

今回の取材では本店一階のDIYルームや、二階の打ち合わせルーム内のボルダリング、滑り台等も紹介されました。

こちらの放送でも私が生放送にてお話ししました。

radikoはこちら(来週水曜日まで)

レポートドライバーさんのブログはこちら

1548923221935

 

今後も家造りの技術者を育成し、

多くの家を守る「かかりつけ大工」を育てたいと思います。

 


 

「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク

 

トップページ | News & ブログ 

新築注文住宅事例

リフォーム事例

古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ 

朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
CATEGORY > 戸建て住宅コラム
2019.01.28
断熱と気密のお話し②:「かかりつけ大工」住まいの相談

こんにちは。

「かかりつけ大工」の友建です。

 

前回のお話に続いて、「断熱と気密のお話し②」と題してお話ししたいと思います。

前回の「断熱と気密のお話①」では断熱の基本となる話をしました。

今回は気密の基本を話したいと思います。

 

気密工事とはどんな工事?

 

気密工事は簡単に言うと、「建物内に侵入する隙間風を無くす。」

そう考えて頂けると理解しやすいかと思います。

しかしながら逆の考えも起きてきます。

「悪い空気も閉じ込めてしまう。」事です。

人間が活動すると様々な悪い空気も宅内で生み出していきます。

その為、換気する性能は設計上必須でもあります。

 

つまりは、宅内を流れる空気の流れを設計し、

設計通りに空気が流れる必要が有る事が分かります。

実はこの為にも気密工事は重要なのです。

宅内の空気を入れ替える時に隙間風が発生すると、宅内の空気が計画通りに流れなくなり、部屋の片隅が淀んでしまったりします。

暖房時では隙間風周辺から底冷えを感じたり、冷房時では暖房が効きにくかったりと省エネ性能に対して著しい悪影響を与えます。

 

24時間宅内を換気する必要があり、

この計画は機械換気や自然換気を用いて設計していきます。

住宅事業者によってその計画も様々ですので、この話もいつかしたいと思います。

 

卓越風を利用した計画的な採風

 

夏場に卓越風を利用して宅内に風を取り入れて快適に過ごす事も必要です。

例として、

 

 

副田邸断面2

 

この写真は宅内に風を取り入れ、吹き抜けを利用して家全体を換気する計画の様子です。

冷房を使わずに快適に過ごす為には、断熱だけでなくこういった計画も必要です。

しかしながら、近年の暑さは異常ですよね。

特に昨年は記録的な猛暑が続き、もはや「天災」と言われました。

この状況だと、単純に風を取り込めても快適には過ごしきれません。

 

そうなると、窓を閉めて冷房を効かせます。

この時には、断熱と気密の性能が大きく影響してきます。

これは暖房時も同様です。

 

隙間風はどの様に発生するのか?

 

隙間風を理解するために、

下記の図を利用して説明したいと思います。

この図は基礎と土台、床の断面図になります。

この図は左側が計画的な風の流れ、

右側が計画外の風の流れを示しています。

つまり、隙間風が発生している様子を右側は表しています。

床下換気に伴う隙間風

 

 

前回のコラムでも記載しましたが、

断熱工事を行う箇所は外気と接する部分を施工します。

図で外と記載している箇所は室外側「外気」、

内と記載している箇所は室内側「内気」となります。

その接する部分に隙間が発生する事で右図の様な隙間風が内気に抜けていきます。

 

この隙間風は基礎周辺だけでなく、壁や天井、小屋裏等施工が雑であるほど発生していきます。

そうならない為にも丁寧な断熱工事と気密工事が重要となります。

 

結露発生の要因へ

 

もう一つ建物や住環境へ悪影響を与える要素として、隙間風周辺で起きる「結露」という現象があります。

この現象は特に冬場に発生します。

宅内では人の活動や暖房により室温が上がり空気中の水蒸気量があがります。外気は冷えて乾燥していきます。

この内気が外気に触れたり、壁板やガラスが外気により冷やされる時に結露が発生していきます。

この現象については弊社コラム「断熱工事・気密工事について」でも触れているのでこちらで読んでいただければと思います。

 

この結露はこのまま乾燥せずに進行し続けるとカビが発生したり、腐ってしまったり、白蟻の発生等。

建物を劣化させる要因となってしまいます。

この現象がもし発生した時に建物を守るために重要な工事が、「外壁や屋根の通気工法」です。このお話も後日記載したいと思います。

 

まとめ

 

① 計画的な空気の流れを計画する為に気密工事は重要。

② 気密工事が雑だと隙間風が発生し、暖房性能や冷房性能を下げる。

③ 隙間風が発生すると「結露」が発生し、建物に重大なダメージを与える。

 

次回のコラムでは断熱工事について、①と②の内容を合わせて説明していきたいと思います。


 

「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク

 

トップページ | News & ブログ 

新築注文住宅事例

リフォーム事例

古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ 

朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

詳しく見る
4 / 27234561020
NEW
4月20日から21日開催 春日井市高座町構造見学会「かかりつけ大工」の家造り
4月20日(土)から21日(日)の2日間 「かかりつけ大工」友建が手掛ける注文住 ...
詳しく見る
このページの先頭へ