お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
お電話でのお問い合わせは:0120-947-997
MENU

最新情報

友建の最新の営業情報・PR情報を掲載します。
CATEGORY
NEW
3月の木のワークショップ「新型コロナウィルス感染拡大に伴う延期について」
2月26日の政府が発表しましたイベント等の自粛要請に伴い、弊社の3月のワークショ ...
詳しく見る
ALL
CATEGORY > イベント情報
2019.03.25
第5回 俺たち大工の工場ガレッジセールのお知らせ
かかりつけ大工 ガレッジセール 

「かかりつけ大工」の友建です。

4月6日(土)~7日(日)10時~17時に、

「第5回 俺たち大工の工場ガレッジセール」を開催することとなりました。

 

【会場】友建木工場

【住所】愛知県北名古屋市鹿田道下39番地

 

data=mJCWZzbhO8xWQtVZdBGpUuxFGDTzjhnBMl_iShlPp9aLc0rrN3N0kH6rhfF9_YzXdltjZUV8Dj7eDlUqsqRWn9nFVD6etPKeYClLV8SixEN0xqW_sglCGXqvJJelrczunHLlshCNIkgcZZP24KEGAWGfjtFEpkWP3fUp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は弊社大工達との触れ合いを目的に、端材を使って自由にDIYにチャレンジできるようにしたいと思います。
DIYコーナーでは端材置き場の材料は無料になります。

加工が難しい物や道具の使い方などは大工がサポートしますので初心者の方も安心してご参加ください。

発想豊かな作品が出来る事を楽しみにしております。
 
 
また、他にも楽しめるイベントを多数用意しております。
現在の予定ですが、
● 「落書き小屋」
● 「マグネット塗料や黒板塗料の体験」
● 「フィンガーペイントやクレヨン・ポスカで色塗り」
等を予定しております。作った作品にお絵かきする事も可能です。
是非ご家族で遊びに来てください。

 

※汚れても良い服装でお越しください。

※黒板塗料やマグネット塗料は乾燥に時間がかかります。こちらでは体験となりますのでご了承ください。
 

上記以外にも木の滑り台やブランコ等の大工が作った遊具も体験できます。

是非ご自宅にも作ってみてください。

 

イベント当日に向けて順次ページを更新していきます。

是非ご覧ください。

 


 

友建HPトップ* http://yuken-daiku.net/

友建ニュース・ブログ*http://yuken-daiku.net/news

友建新築*http://yuken-daiku.net/myhome

友建リフォーム*http://yuken-daiku.net/renovation

友建DIY支援*http://yuken-daiku.net/renovation/menu/diy

友建Facebook*https://www.facebook.com/yukendaiku/

中日おしえてナビ*http://oshiete.chunichi.co.jp/tokai/pro/288/

マイベストプロ*http://mbp-aichi.com/yuken-daiku/

詳しく見る
CATEGORY > 最新情報
2019.03.25
テレビ愛知の4月からの新番組「くすぐる」に取材して頂きました。
テレビ愛知 くすぐる

昨日、テレビ愛知に取材して頂き、レポーターとして 森 美紅 さんが来てくれました。

 

放送日は4月6日の土曜日11時からとの事です。

土曜日の「土曜なもんで!」の番組名が変わり4月から「くすぐる」という番組名になるそうです。

 

以前に「日曜なもんで!」の時にBOYS AND MEN 吉原 雅斗さんが弊社に一日大工体験に来てくれたことを懐かしく思いました。

 

この時は建築中の物件だけでなく、完成後生活中のお宅にもお邪魔させて頂き、それぞれのお施主さんにもご協力頂きました。吉原さんには大工仕事の楽しさを感じて頂けて、とても充実した収録だった事を思い出しました。

 

代表の山田が取材に応じております。是非放送をご覧ください。

 


 

「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク

 

トップページ | News & ブログ 

新築注文住宅事例

リフォーム事例

古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ 

朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

 

詳しく見る
CATEGORY > 戸建て住宅コラム
2019.03.04
断熱と気密のお話し③:「かかりつけ大工」住まいの相談

こんにちは。

「かかりつけ大工」の友建です。

 

前回までの断熱と気密のお話し②までで基本を話してきました。

今回のコラムでは断熱工事・気密工事が適切に行われている場合の、

お家全体の空気の流れを図にしてみました。

 

まずは、高気密・高断熱と呼ばれる家の断面は下記の様になります。

気密性の低い家の断面

 

かなり細かくなってしまいましたが、ここでお話しする事として、

断熱工事や気密工事は家の省エネ性能を引き上げる重要な工事です。

しかしながら、「家の中を全く換気しない」とする事はできません。

 

なぜなら、人も呼吸をし、宅内で生活するという事は悪い空気も生み出すからです。

また、建築する材料から発生する化学物質やホルムアルデヒド等は、

自然界でも発生するものである事から、

建築基準法で最低限換気する事が定められているからです。

気密工事の結果が完全に密閉された空間だとすると、

換気するだけだったら空気が無くなってしまいますよね。

高気密の家だと換気と同様に吸気も検討する必要があります。

この換気と吸気のお話はまた後日詳しくお話ししたいと思います。

 

今回は断熱と気密のお話の続きとして、

気密と断熱の工事が不十分な場合におきる。

「換気以外の空気の流れによる」住環境への影響を話していこうと思います。

 

このコラムの始めに載せた建物で、

断熱と気密に欠陥が生じている様子を表した図が下記になります。

低気密の家の断面

この図で赤い→となっている部分が気密の欠陥部分。

上記の図との違いで判る断熱部分の欠損部分が断熱の欠陥部分となります。

気密がきちんとなされないと、家は隙間風だらけになります。

 

「底冷えがする」っと話をされることが多いと思います。

暖かい空気は軽くなり、上に上がる為、

部屋内の天井に近い方が暖かく、床に近い方が冷たくなります。

高気密・高断熱の家だとこの差が無くなっていき、

部屋全体が暖かく感じられます。

 

しかしながら、隙間風の多い家だと、

上部に上がった暖かい空気が隙間を通って二階や外気へ流れ出てしまい、

その空気の流れは床下から冷たい空気を呼び込みます。

これが「底冷え」の正体です。

 

もう一つ室内で過ごしていて体感温度を下げるのが、壁や床・天井の冷えです。

断熱を施しても、その中を隙間風が吹き抜けてしまう事で冷えてしまいます。

 

一つ例を挙げます。

部屋の温度を20℃とします。

この時の壁の表面温度が12℃だとしたとき、

人が感じる体感温度は、

 

体感温度 = (表面温度+室温)/ 2 

 

で求めることができます。

 

つまり、

体感温度 = (12℃ + 20℃)/ 2 = 16℃

となります。

 

室温20℃なら快適な温度ですが、窓の近くに寄ると「冷や!」って感じますよね。

これが体感温度による冷えです。

 

隙間風というものが、快適な住環境に及ぼす影響は、

これまでに記載した内容でほぼ理解が出来ると思います。

断熱の欠損も体感温度を引き下げる要因になります。

断熱と気密についてのお話の補足は後日行いたいと思います。

 

次回からは、「内部結露」についてお話したいと思います。

上記図に記載している。

建物の床下や外壁の内側、天井や小屋裏等の空気の流れにも関係します。

この空気の流れは建物内部の換気と同様に、設計時に意図して設けるものです。

 

この設計は、内部の断熱・気密とセットにして考える必要があり、

建物の耐久性に対して非常に重要な役割を担っています。

是非次回もご覧ください。

 


 

「かかりつけ大工」友建 各種ページリンク

 

トップページ | News & ブログ 

新築注文住宅事例

リフォーム事例

古民家・中古住宅 再生リノベーション事例

中日新聞web:中日教えてナビ 

朝日新聞digital:マイベストプロ愛知

Facebook | Instagram | YouTube

詳しく見る
11 / 359101112132030
NEW
3月の木のワークショップ「新型コロナウィルス感染拡大に伴う延期について」
2月26日の政府が発表しましたイベント等の自粛要請に伴い、弊社の3月のワークショ ...
詳しく見る
このページの先頭へ